AD SPACE

2016-01-29

覆面をした数100人が、ストックホルムの避難民子供を襲った。

経済

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」、「ガーディアン(The Guardian)」は2016年01月30日に、彼らは、『まわりで歩き回っている北アフリカからのストリートチルドレン』に、『それらが値している処罰』を与えるために、リーフレットを分配し、覆面をした数100人が、ストックホルムの避難民子供を襲ったと報告した。

2016年01月29日金曜日の夕方、数百人の覆面をした人がストックホルムの主要な列車駅を通って行進し、伝えられるところでは、避難民および民族的にスウェーデン人ではなかった誰でも続けざまに打った。

[AD] You can advertise on this site.

ストックホルム警察スポークスマンのトウ・ヘッグ(Stockholm police spokesperson Towe Hagg)は、すべて黒いバラクラヴァ帽(black balaclavas)と腕章(armbands)を身に着けていることによって、「避難民子供を攻撃するために集められた、」と言った。

「私は、たぶん、打ち負かされた3人の人々に会った。それは全然フットボール口論または同様な何かではなかった。それらは移民をターゲットとした。私はまったく脅えて、逃走した。」と、目撃者はAftonbladet新聞に言った。

攻撃の前に、群集は「それは現在十分である!(It is enough now!)」というスローガンによってリーフレットを分配した。それらが「まわりで歩き回っている北アフリカからのストリートチルドレン」に、「それらが値している処罰」を与える恐れがあったか。

リーフレットはソーシャルワーカーアレクサンドラ・メッツアー(Alexandra Mezher)の死を参照する。それは、連れがない子供のための避難民シェルターで刺された後に死んだ。

攻撃に関連して4人の人々が逮捕された。その他は、スウェーデンで違法で警察官を猛攻撃するため、公然とマスクすることでチャージされた間。すべてのリスク罰金でが請求された。

攻撃の後に、ネオ・ナチグループのスウェーデン抵抗ムーブメント(the Swedish Resistance Movement)による攻撃により「中心的ステーションのまわりのエリアに収められる北アフリカから」「犯罪の移民が逮捕された」と主張しているステートメントが公開された。

ステートメントは「これらの犯罪の移民は長い間スウェーデン人を強奪し、苦しめた。」と追加した。

「警察が、それらが、大暴れを食い止めるための方法を欠くことをはっきりと示し、現在私達が自身より他の選択肢を全然見ない。それらは処罰の外の手に値している。」

スウェーデンは昨年レコード160,000避難民を受け入れた。

今月写真IDチェックが導入されて以来、国は新来者において急落を見る。

昔から、ストックホルムには、海外からの浮浪者が集まっていた。

1960年代末には、日本人の貧乏旅行者の若者もストックホルムで多くが働いていた。

Stockholms CentralstationのGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
59°19'50.4"N 18°03'28.6"E

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE