AD SPACE

2016-01-29

カタール航空は、約18時間34分の世界最長定期フライトを提案。

観光

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、カタール航空会社(Qatar Airways)は、ドーハ(Doha)からのオークランド(Auckland)への提案された直接的なフライトには約18時間34分かかる。

カタール航空会社最高経営責任者アクバル・アル・ベーカー(The airline’s chief executive officer, Akbar Al Baker)は、ブルームバーグ・ビジネス(Bloomberg Business)に、ドーハからオークランドルートへの提案された9,034マイルまたは14,539kmの距離に及び、完成するために、それに約18時間および34分かかり、それが世界の最も長い直接的なフライトを発進できたことを発表した。

[AD] You can advertise on this site.

湾岸ビジネスニュース(Gulf Business news)サイトによると、現在、最も長い直接的な乗客フライトの記録は、カンタス航空()によるダラス()からシドニー()に飛んでいる。それは8,578マイルまたは13,805kmをカバーし、16時間55分である。

首長国(The Emirates)は2016年03月31日に、ドバイ(Dubai)からパナマ市(Panama City)へのフライト17時間41分に続く、いつそれがスタートして、この記録を盗む新しいカタール航空のルートに取り替えられる前に それが青信号を得る。

航空会社のドーハから、オークランド・ルートへの拡張計画の一部である。

アクバル・アル・ベーカーは、カタールの首都ドーハとチリのサンチャゴ(Santiago, in Chile)の間の旅が考慮されていることも発表した。

このルートは、フライト時間18時間25分と見積もられ、8,950マイルまたは14,404kmの距離になる。

最初1994年に乗り出した国有のカタール航空会社および現在ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジア、南北アメリカの150を超える宛先を提供する。

それは、ボーイング777と787、エアバスA380とA350を含む注文で、340機を超える航空機を持っている。

以前は、多くの空港でのトランジットが強制され、給油による時間のロスがあった。
また、給油を自国の安い石油から供給できると言う有利な点も指摘されている。

友人は、すべての飛行機が、ドバイとドーハなどを経由するのも時間の問題と言っている。

そうなると、他の航空会社は、料金で負ける。

新しい航空機の性能は、これを実現した。
もう、日本航空と全日空は、経営方法を考慮しないと、空中分解するのも時間の問題である。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.