1月28日

NASAの追悼記念日。

宇宙

NASAは2016年01月28日に、アーリントン国立墓地で2016年1月28日木曜日に、スペースシャトル・チャレンジャー事故から30年の追悼記念日(Space Shuttle Challenger Memorial)が開催されたと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

式典には、スペースシャトル挑戦者宇宙飛行士ジュディス・レズニクの兄弟チュック・レズニック(Chuck Resnik, brother of Space Shuttle Challenger astronaut Judith Resnik/左側)と、NASA管理者チャールズボールデン(NASA Administrator Charles Bolden/右側) が参列した。

この日は、NASAの追悼記念日でもあり、リースは、宇宙開発の探求において命を失った男性と女性を記念して置かれた。

Photo Credit: NASA/Aubrey Gemignani

Last Updated: Jan. 29, 2016
Editor: Sarah Loff

2013-01-28---チャレンジャーの乗組員を思い出すこと!
1986-01-28---スペースシャトル・チャレンジャーは、空中分解した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告