gaYa広告

2016年01月28日

アメリカン航空フライトAA109のミステリー病気は、ロンドンに戻ることを強制。

健康

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、アメリカン航空フライトAA109(American Airlines flight AA109)は、女性がミステリー病気で、『彼女が衰弱した時には、客室乗務員のうちの1人は通路の下を移動していた』と言い、ロサンジェルス向けの飛行機にロンドンに戻ることを強制したと報告した。

虚脱した7人のフライトスタッフと多くの乗客の後で、ロンドンのヒースロー(London Heathrow)に戻ることを強制された。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

乗客は、通路で客室乗務員が衰弱するのを見ることにショックをうけて、空気調節において汚染についての恐怖を引き起こした。

フライトAA109が、アイスランドのケプラビーク(Keflavik in Iceland)に近い空輸される時には、乗客キャビンの発表は、搭載されどのような医師でも志願するために、要求した。

1人の乗客リーガン(Lee Gunn)は、イギリスの大衆紙「The Mirror」に「私達はちょうど、アイスランド通り過ぎるところであったとして、約2.5時間のフライトで、ボードの看護婦または医学のプロフェッショナルなど、どのような医師でも要求して、タノイ拡声器発表をしていた、気分が悪く乗客補助するべき乗車ドアに報告した。

「ライトはその時キャビンに来、騒動であった。」

別の乗客、アラン・グレー(Alan Gray)はMailOnlineに、「彼女が衰弱した時に、客室乗務員のうちの1人は通路の下に移動していた。まるでそして彼らが軽薄を感じたといわれている最高6人の他のキャビンクルー・メンバーは、卒倒しようとしているかのようであった。」
「それは、たそのポイントで、機長が、飛行機を向きを変えると言ったときであった。彼は、快く、彼が、危険にすると思わなかったと言った。」

「それが、単に少し発狂している。私達は、何が進むかを本当は知らなかった。」と話した。

それが去った5時間後に、アメリカン航空フライトはヒースロー空港に着陸した。

乗客は、飛行機が、パトカー、救急車、および消防クルーにより取り囲まれる間下船することを許されなかった。

ロンドン救急隊員は、気分が悪いと感じて、それらを現場で放電した6人を超える患者をチェックした。

アメリカン航空のスポークスマンは医学の緊急事態のためまわりへの飛行機回しを確認し、それがセキュリティ関連ではないと言った。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。