on-the-time.jp

2016年01月28日

アメリカン航空フライトAA109のミステリー病気は、ロンドンに戻ることを強制。

健康

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、アメリカン航空フライトAA109(American Airlines flight AA109)は、女性がミステリー病気で、『彼女が衰弱した時には、客室乗務員のうちの1人は通路の下を移動していた』と言い、ロサンジェルス向けの飛行機にロンドンに戻ることを強制したと報告した。

虚脱した7人のフライトスタッフと多くの乗客の後で、ロンドンのヒースロー(London Heathrow)に戻ることを強制された。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

乗客は、通路で客室乗務員が衰弱するのを見ることにショックをうけて、空気調節において汚染についての恐怖を引き起こした。

フライトAA109が、アイスランドのケプラビーク(Keflavik in Iceland)に近い空輸される時には、乗客キャビンの発表は、搭載されどのような医師でも志願するために、要求した。

1人の乗客リーガン(Lee Gunn)は、イギリスの大衆紙「The Mirror」に「私達はちょうど、アイスランド通り過ぎるところであったとして、約2.5時間のフライトで、ボードの看護婦または医学のプロフェッショナルなど、どのような医師でも要求して、タノイ拡声器発表をしていた、気分が悪く乗客補助するべき乗車ドアに報告した。

「ライトはその時キャビンに来、騒動であった。」

別の乗客、アラン・グレー(Alan Gray)はMailOnlineに、「彼女が衰弱した時に、客室乗務員のうちの1人は通路の下に移動していた。まるでそして彼らが軽薄を感じたといわれている最高6人の他のキャビンクルー・メンバーは、卒倒しようとしているかのようであった。」
「それは、たそのポイントで、機長が、飛行機を向きを変えると言ったときであった。彼は、快く、彼が、危険にすると思わなかったと言った。」

「それが、単に少し発狂している。私達は、何が進むかを本当は知らなかった。」と話した。

それが去った5時間後に、アメリカン航空フライトはヒースロー空港に着陸した。

乗客は、飛行機が、パトカー、救急車、および消防クルーにより取り囲まれる間下船することを許されなかった。

ロンドン救急隊員は、気分が悪いと感じて、それらを現場で放電した6人を超える患者をチェックした。

アメリカン航空のスポークスマンは医学の緊急事態のためまわりへの飛行機回しを確認し、それがセキュリティ関連ではないと言った。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。