2016年01月25日

酒を飲むことは、どのように危険であるか?

健康美容と医学の科学

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、アルコールを飲む人達のほとんどは、肝臓病で死なない。しかし、それがまだより多く、糖尿病と道路死で殺されていると報告した。

肝臓と生活への最近のリポートは、落ち着かせている読書をできる。

ジョン(John)は、アルコールで引き起こす痴呆症(alcohol-induced dementia/コルサコフ症候群/Korsakoff's syndrome)で、彼がどこにいるかを知らない。

リタ(Rita)は肝臓の肝硬変(cirrhosis of the liver)を持ち、ホームレスである。

ワイン習慣が破損依存に切れ目なく移行したように彼女の人生は下にらせん状に動かされた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

私達のほとんどは、決してそれが私達に起こらないと思うけれども、ジョーンズとリタを気の毒に思うと感じていることは容易である。

しかし、それを望んでいたか?
私達は酒飲みと酔っぱらいの国家になっているか?
安いアルコールが私達の岸と私達の食道からあふれると、肝臓病からのイギリスの死亡率は、過去の30年で四倍に増大した。

アルコール関連の緊急事態は2013/14年に中に100万人中で4分の1以上に結果として生じていた。

そのほとんどは、45-64歳であった。

それは飲み騒いでいる人というよりも、自身で規則的に飲んでいる。

アルコール懸念の取締役会長ジャッキーバラード(Jackie Ballard, the chief executive of Alcohol Concern)は、「アルコール飲料は、癌、糖尿病、および高血圧を含む60歳を超える医学の条件と接続される。」と言う。

そして、主たる医学役員サリー・デービス(Sally Davies)がそんなに心配するので、彼女は安全な飲酒と同時に、新しい論争のガイドラインを出版した。

よいニュースは、潮がイギリスでのアルコール使用に対して向きを変えているようである。

典型的な週でアルコールを飲んでいる人のパーセンテージは、2005年の72%から2012年で64%までの低下した。女性では、落下は57%から52%までであった。

頻繁な飲酒は、また、低下にあると報告された。

アルコールを飲む私達のほとんどは、肝臓病気のため死なず、同じくらいちょうど多い喫煙者は、肺癌のため死なない。

アルコールが私達を与えることが、利点とリスクを考量する問題である。

それは最上の薬であるけれども、それが無害なふりをしない。

非常に多くは。どれらのアルコールであるか?
たぶん、いくつかが他より多く安全に飲むことができる。
肝臓のサイズ、遺伝学、ライフスタイル、および状態で、違いを生じさせる。

しかし一般において1週あたり3日で14未満のユニットになる。

それは、1日あたりワイン(ABV13.5%)の半分、または平均1日当たり175mlグラスの半分のすぐ下になる。

ビール酒飲みのために、それは、より高い力ビール(ABV5.2%)で1週あたり5パイント未満である。

肝臓は、弾力があり、生命の器官である。

腎臓で、それは浪費処分システムとして作動し、私達の毒素の血を濾過する。

肝臓は消化キー役割を果たし、血凝固のための脂肪とたんぱく質を消化するように、ホルモン、胆汁も産する。

私達は、もしそれが失敗するなら。便利な2つの腎臓けれどもほんの1つの肝臓を持っている。

幸運にも、それはすさまじい乱打に耐えて、まだ回復できる。

私達は、稼動可能なほんの30%である肝臓に残存することができる。
それの後に、それは危険になる。

ウイルス、薬、化学薬品、毒素、およびいくつかの遺伝の条件が、それらの使用量を肝臓で最も若く、最も充実していさえて呈しているかもしれない。

最初は、これらの刺激物は点火を起こす。

それはリバーシブルである。

しかし、長年の損害は肝硬変を起こす。

それは、肝臓の機能を妨げる逆行不可能な濃縮剤(線維症/fibrosis)である。

私達は肝臓なしで生きることができない。

従って、移植は唯一のオプションになる。

肝臓病気は、私達のより多く糖尿病で殺し、道路死は結合し、心臓発作、癌、ストローク、および肺病の後に、現在5番目に大きい殺人者である。

それは、年にまだ年を増大させているイギリスの死の唯一の主要な原因である。

希望は、自覚上昇とアルコールを飲むことの落下として、混んでいるNHSで、肝臓が過去の物になることである。

私は、50歳で酒、タバコを基本的に止めた。でも、まだ肺から黒い痰が出る。

酒は、たまに友人と飲むが、旨くないと止める。

周囲の知人が、どんどんぼけていく!

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。