2016年01月25日

パパが車のまわりから雪で暖かな状態を保つ間、ママと1歳の息子は死んだ!

自然

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、ニュージャージーのママと彼女の1歳息子は、車でパパが片付け雪として車のまわりから暖かな状態を保つ間、一酸化炭素で害して死んだと、警官は言ったと報告した。

NorthJersey.comによると、 排気管が、土曜日の夜大吹雪において動きが雪により妨げられた時に、23歳のサーシャ・リン・ローザ(Sasha Lynn Rosa)が、彼女の息子メシア(Messiah)、および娘サニヤ(Saniyah)が、パサイックで、白の4ドア、マツダ(white, four-door Mazda in Passaic)にいたと、警官は言った。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

暖かさのために母と子供が群がったように、識別されなかった男性は、ローザに、エンジンを始動させるように命じたと、警官は言った。

彼がそれらをチェックし、それらすべてが無意識であると気付いた時に、パパは暖かな状態を保つために、約20分間無造作に作業していた。

警察によると、彼は、午後8時15分ごろに反応し、911とEMTsを迅速に呼んだ。ママと息子は死に、3歳のサニヤは重傷であった。

彼女の家庭の外いた隣人は土曜日の夜、場面をチャンネル7に、

「彼がこれに似ているので、私は、少年生きていないと知ったことと私が何度もトライすること、および医学部進学課程の私の甥で試された、それらの人々そんなに熱心に作動させられた。」「私は女の子を助けようとし、私は、私の口を働かせられ、そんなに救いづらいその子供の女の子を救急救命士に預けた。」と、イザベル・カルモナ(Isabel Carmona)は言ったと報告した。

EMTsは、ファミリーをパサイックのセントメアリー病院(St. Mary’s Hospital in Passaic)に急送したと、警官は言った。しかし、母と息子が死んでいると宣言された.

娘はパターソンのセント・ジョゼフの地域メディカル・センター(St. Joseph’s Regional Medical Center in Paterson)に重態に転任した。

後遺症がなければいいが---

ファミリーと友人は、どのようにローザおよび彼女の息子が死ぬかを聞くことにショックをうけて、日曜日に1日にわたってそれらのお悔やみをFacebookページに送った。

花とろうそくの間に合わせの記念物は、日曜日にファミリーの車の前で組み立てられた。

母と子供は、冬の嵐ジョナス(Winter Storm Jonas)に帰されているニュージャージーの唯一の死であると信じられる。
この荒らしでは、最低28人の人々の死を要求した。

一酸化炭素は、無色で、無臭のガスおよび警告なしで、迅速にヒットする。

ペンシルベニアの男性は、また、ミューレンバーグ郡区の彼の車に座っている間、一酸化炭素を害され、土曜日の夜死んだ。

パサイック(Passaic)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
40°51'24.4"N 74°07'42.5"W

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告