gaYa広告

2016年01月18日

バークレーカードは、自身の支払いアプリによって非接触になる。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、まだApple PayをサポートしていなかったUKクレジットカード会社バークレーカード(Barclaycard)は、それ自身の非接触支払いアプリをスタートした。

Android appは、ユーザーが、ロンドンの公的な輸送システムに含む非接触支払いをすることを可能にするHCE(Host Card Emulation/ホストカードエミュレーション)テクノロジーに基づく。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

最初、appをバークレーカード非接触ついて,2015年09月に初公開したでけれども、ユーザーのために、今入手可能である。秋にそのappを経て、どのようなNFC-使用可能にされたアンドロイド電話からでも非接触支払いを導入するUKの最初の金融サービスプロバイダーであったクレジットカード巨人はそれを要求した。

しかし、バークレーカードが他のイギリス金融機関に比べて、非接触支払いサービスにあるApple Payに参加しなかった1つである。

HCEは、その安全な要素へのアクセスに頼らずに、バークレーカードが、NFCを可能にされた機器でのモバイルの支払いを提供することを可能にした。

バークレーカードはコンサルタントのヒペリオン(Consult Hyperion)によりプロジェクトに助けられた。コンサルタント業のディレクターであるデイブ・バーチ(Dave Birch)はブログで、「私達の非常に好きなクライアント、アンドロイド携帯電話のホストカードエミュレーションテクノロジーを利用し、バークレーカードのうちの1つで、イギリスの300,000プラス非接触ターミナルのうちの何でも顧客がそれらの電話で支払うことができるように支払いアプリを作るために決められた。」と言った。

追加の機能は、イギリスの現在のcontactess限界、£30での超過において、PINを機器に入力して支払いをする能力を含む。ユーザーは、ユーザーがロンドン交通局(Transport for London)の地下鉄、バスと列車の代金を払うことができるようになる。

バークレーカードは、他のイギリス金融機関のように、Apple Pay取り込まれることを拒否した。

手数料には限界がある。
それを、どのような割合で分けるか?
これは厳しい判断である。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。