2016年01月18日

95歳のアウシュヴィッツ医者、3,681回の死の裁判に出廷する。

戦争と平和

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、アウシュヴィッツで救急救命士として働いていた95歳の男性は、月曜日に3,681人の死キャンプ囚人の殺人へのアクセサリとして、来月裁判に出廷すると、ドイツの法廷が発表した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

ヒトラーの殺人マシンのSS軍曹として働いたことで検察により告発されたフベール・ザフカ(Hubert Zafke)は、ノイブランデンブルク国家法廷(Neubrandenburg state court)で、は2016年02月29日に裁判と直面するように設定さた。

フベール・ザフカは1943年と1944年にアウシュヴィッツに配置されて、1944年9月5日に日記を付けたアンネ・フランクと彼女の家族が、そこに送られて、当局が言った時には、有名な死キャンプで勤務時間内でであったと考えられている。

ナチ追求者から隠れることにおける文書がホロコーストについての最も有名な本になったアンネは、後でベルゲン-ベルゼン強制収容所(Bergen-Belsen concentration camp)に移された。そこで彼女は殺された。

申し立てによるとフベール・ザフカが医者として働く間、彼の本当の役割は、ほとんど、病気のまたは傷つけられた囚人を世話する必要がなかったと、検察は言った。

代わりに、彼のユニットは、囚人を殺した毒ガスを維持することと管理することについて責任があったと、検察は言った。

被告側弁護士は、彼が大量虐殺に直接的な役割を全然持っていなかったと主張した。

フベール・ザフカ自身は、アウシュヴィッツで働いたことを否定しないけれども、「私は何も聞かず、何も見ず、誰も殺さなかった。」言った。

しかし、検察は、もしそれが、彼が大量殺人を知り、それらを実行するために組織的な構造に進んで参加したことを示したなら、フベール・ザフカがまだ犯罪的に責任があるかもしれないと言った。

昨年、「アウシュヴィッツの簿記係」として知っている94歳オスカー・グローニング(Oskar Gröning)は、捕虜収容所の彼の役割のため、懲役4年を宣告された。

戦争の後に、フベール・ザフカは結婚し、4人の子供を持ち、以前東ドイツであった北東ドイツのGnevkowに住んでいた。

彼は、殺虫剤を含む農産物の製造と販売をしていた。

ソビエト連邦と東側ブロックが倒れた時に、突然、13歳にヒトラーユーゲント(Hitler Jugend)に参加した。フベール・ザフカのような潜在的な戦犯のレコードが入手可能になり、彼はナチスハンターの焦点となる十字線に居た。

2016-01-08---ドイツで、ヒトラーの「わが闘争(Mein Kampf)」が発売された。
2015-12-28---フランスのナチス時代のアーカイブは、一般公開された。
2015-07-20---どの国で、ナチスの敬礼は違法か?
2015-07-18---エリザベス女王が、ナチの敬礼をしていた映像を公開!
2015-07-15---ユダヤ人虐殺幇助で、アウシュヴィッツの会計士に禁錮4年。
2015-06-01---元ナチ党員は、社会保障で米国からUS$2020万を得た!?
2015-05-05---ナチスで、ゲイについて人体実験をした医師の逃亡は、イギリスが手伝った。
2015-04-30---ナチズム発祥の地に「ナチス博物館」をオープン。
2015-04-22---93歳のアウシュヴィッツ・ガードマンのホロコースト裁判。
2015-02-24---「わが闘争(Mein Kampf)」は、歴史のツール、またはヒトラーの墓を越える声?
2015-01-27---アウシュヴィッツ開放70周年。
2015-01-14---私の祖父はなぜ、ヒトラーの『Mein Kampf(わが闘争)』を翻訳したか?
2014-12-05---フランスはホロコースト・レールの支払いについて米国に同意。
2014-12-01---ナチス戦犯のブルンナーは、4年前にシリアで死亡としてリストから削除。
2014-10-23---ヒトラーが盗むまで、卍は、どれほど世界で愛されていたか。
2014-10-20---米国に居る元ナチ党員は、まだ社会保障されている。
2014-09-15---「悪魔のシンボル」と言われた教会の再建計画。
2014-09-02---ナチに殺された、精神病、身体障害、慢性病を備え犠牲者を公開。
2014-09-01---ポーランドは、第2次世界大戦侵入以来75年を記念。
2014-08-15---ナチス・ドイツの大西洋に残るウォールの亡霊。
2014-08-13---ユダヤ人権団体、集落の名称変更を要求。
2014-07-23---アウシュヴィッツでの容疑がかけられたヨハン・ブレイヤーが死去。
2014-06-25---ナチは、私の村の破壊を撮影した。
2014-06-18---89歳のフィラデルフィアに住む人は、アウシュヴィッツ殺人に関して保持された。
2014-04-05---ヒトラーの妻エバ・ブラウンはユダヤ系だった?!
2014-03-26---ナチが盗んだアートを蓄える孤独なコーニーリアス・グルリット。
2014-02-14---ナチスはダッハウで「戦争のための蚊の使用」を研究ていた。
2014-01-08---88歳のドイツ人、ナチのOradour大虐殺で起訴された。
2013-12-21---前世界ユダヤ人会議の会頭エドガー・ブロンフマンが死去。
2013-11-23---80年前に起こった、ウクライナの暗黙の大虐殺の記憶。
2013-11-10---第二次世界大戦の真実のユダヤ人の宝。
2013-11-09---75年前の11月09日に、ドイツで、反ユダヤ暴動が起こった。
2013-11-06---なぜヒトラーは、退化した芸術として、modernismを嫌ったか?
2013-11-05---ナチのアート埋蔵品は、法律問題に発展した。
2013-11-03---eBayは、ホロコースト記録リストを削除し,謝罪した。
2013-11-03---ミュンヘンのアパートで、ナチス略奪絵画1500点を発見。
2013-10-31---ゲシュタポのトップは、ユダヤ人墓地に埋葬か?
2013-10-29---オランダの博物館は、有望な芸術139点が、ナチの略奪と識別。
2013-10-23---ドイツで、ホロコースト犠牲者情報のスマホAppを発表。
2013-10-11---ナチ戦犯のエリック・プリブケは100歳で死去した。
2013-10-01---ユダヤ大虐殺史の研究者イスラエル・ガットマンがエルサレムで死去した。
2013-08-10---ブダペストに住む最後の「ナチの犯罪者」死亡。
2013-07-23---残存するナチ発見に、ドイツのポスター・キャンペーン!
2013-06-18---ハンガリーの検察官は、98歳ナチの戦犯を起訴した。
2013-06-18---イスラエルは、どのようにホロコースト・メモリを生かし続けるのか?
2013-06-13---イスラエルのネタニヤフはアウシュヴィッツでホロコースト展示を開始。
2013-05-29---ドイツはホロコースト犠牲者に新しい補償金を払う。
2013-05-24---イスラム教のリーダーのアウシュヴィッツ訪問。
2013-05-14---大阪市長橋下徹、「慰安婦は必要でした。」発言で、世界中で爆発!
2013-05-09---バングラデシュのムハンマド・カマルザマンに死刑を宣告。
2013-03-29---ボスニアは、戦争犯罪でこれまで最高の懲役刑45年を宣告!
2013-03-14---ネパール内戦犠牲者の公正に向けた長い戦い。
2013-02-28---バングラデシュは、イスラム教の党指導者に死刑を宣告。
2013-01-05---ネパールのクマール・ラマ大佐は、拷問罪で起訴された。
2012-10-18---世界中のメディアが、日本の大臣が靖国神社を参拝したと騒いでいる。
2012-08-15---ナチ容疑者チャールズ・ゼンタイは、逃亡犯罪人引渡事件に勝った。
2012-07-18---ハンガリー政府が、ナチ容疑者で動いた。
2012-07-16---最後の「ナチの犯罪者」をブダペストで発見か?
2012-07-12---戦争犯罪裁判中のセルビア陸軍チーフ、緊急入院!
2012-05-31---絞首刑になってから50年、イスラエルでのナチ戦犯アイヒマンの貴重な写真!
2012-05-24---オランダの刑務所から脱走したナチの戦犯が90歳で死去。
2012-05-23---ナチの遺産で困った子孫。
2012-03-17---ナチスの収容所殺人で有罪のジョン・デミジャンジュクが死去!
2011-10-05---ドイツは何百ものナチ調査を再開。
2011-07-20---ネオナチの巡礼先だったヘスの墓。
2011-05-12---ナチスの収容所殺人で、ジョン・デミジャンジュク有罪!
2011-01-04---オーストリアで堀り起こされる、ナチ時代の墓!
2009-11-30---ドイツ、「最後のナチ裁判」
2009-07-13---2万7000人のユダヤ人殺人罪で、告発された!
2009-05-12---2万9000人の殺人共犯で裁く、ドイツのナチ裁判
2008-06-10---元ナチ護衛兵、1956年に取得した米国永住権ビザ取り消し!
1961-04-11---アドルフ・アイヒマンのユダヤ人虐殺裁判がイスラエルで始まった。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。