on-the-time.jp

2016年01月12日

マクドナルド、アップルは、Apple Payの好きな開催地。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、フェニックス・マーケティング国際(Phoenix Marketing International)による研究調査によって、マクドナルド(McDonald's)とアップルの自身の店は、支払いサービスの米国ユーザーから最も高い交通を持っていると報告した。

研究会社がインタビューしたApple Payクレジットカードユーザーの40%より多くにおいて、どちらの店でも最近の5ヶ月の間でも最低1回のApple Payクレジットカード決済を作った。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

他の主要な小売店はメーシー(Macy’s)36%とサブウェイ(Subway)32%を含む。

アップルの自身の店は、また、Target(36%)とナイキ(29%)が続いているので、最低1つのアプリ中Apple Payクレジットカード決済(43%)を受け入れている小売店のリストで一番上であった。

「アプリ中モバイル財布トランザクションを可能にすることへの押しは、受容位置の数が相対的に小さく、しかし成長している。発生期の市場のPoS(point-of-sale/販売時点)の報告された発生が高いので、容積のために危険である」と、フェニックスマーケティング国際のカード研究のディレクターのグレッグ。ウィード(Greg Weed, Director of Card Research at Phoenix Marketing International)は言った。

「地域の違いはこの初期の段階の間に明らかである。1握りの州だけが、調査回答者により報告されるようにすべてのApple Payクレジットカード決済の半分を占めている。」

フェニックスは、多くのApple Payユーザーおよびそれらの購入習慣を追跡している進行中の調査を運営する。

サービスの最初の年2015年10月へのアップの間に、フェニックス調査は833人のApple Payユーザーの間のクレジットカード決済を記録した。

(91%)最も、2/3 (67%)がアプリ中トランザクションをした間、店のApple Payクレジットカード決済にされた。

全体のApple Payクレジットカード決済を見ることによって、62%はストア内でされて、38%はアプリ内でされた。

まだ、調査対象の数が少なく、市場調査と言える段階ではない。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告