2016-01-12

マクドナルド、アップルは、Apple Payの好きな開催地。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、フェニックス・マーケティング国際(Phoenix Marketing International)による研究調査によって、マクドナルド(McDonald's)とアップルの自身の店は、支払いサービスの米国ユーザーから最も高い交通を持っていると報告した。

研究会社がインタビューしたApple Payクレジットカードユーザーの40%より多くにおいて、どちらの店でも最近の5ヶ月の間でも最低1回のApple Payクレジットカード決済を作った。

[AD] You can advertise on this site.

他の主要な小売店はメーシー(Macy’s)36%とサブウェイ(Subway)32%を含む。

アップルの自身の店は、また、Target(36%)とナイキ(29%)が続いているので、最低1つのアプリ中Apple Payクレジットカード決済(43%)を受け入れている小売店のリストで一番上であった。

「アプリ中モバイル財布トランザクションを可能にすることへの押しは、受容位置の数が相対的に小さく、しかし成長している。発生期の市場のPoS(point-of-sale/販売時点)の報告された発生が高いので、容積のために危険である」と、フェニックスマーケティング国際のカード研究のディレクターのグレッグ。ウィード(Greg Weed, Director of Card Research at Phoenix Marketing International)は言った。

「地域の違いはこの初期の段階の間に明らかである。1握りの州だけが、調査回答者により報告されるようにすべてのApple Payクレジットカード決済の半分を占めている。」

フェニックスは、多くのApple Payユーザーおよびそれらの購入習慣を追跡している進行中の調査を運営する。

サービスの最初の年2015年10月へのアップの間に、フェニックス調査は833人のApple Payユーザーの間のクレジットカード決済を記録した。

(91%)最も、2/3 (67%)がアプリ中トランザクションをした間、店のApple Payクレジットカード決済にされた。

全体のApple Payクレジットカード決済を見ることによって、62%はストア内でされて、38%はアプリ内でされた。

まだ、調査対象の数が少なく、市場調査と言える段階ではない。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.