2016-01-15

Wikipediaは15周年!

電子ブック

Al Jazeeraは、Wikipediaは、15番目の誕生日をマークすたと報告した。

ゲーム・デザイナーで、私が参加していメーリング・リストのオーナーであったアメリカ人から、私が1992年から作ってきた「マルチメディア事典」のオンライン版「マルチメディア・インターネット事典」を見て、同じような事典を作りたいが了解してくれるかという問い合わせを受け取った。

私は、すぐに了解した。

最初は確か、Nettimeから2000年05月16日に百科事典プロジェクトとして、Nupedia.comという名前で始めると報告していたたが、ちょうどwikiというオープン・ソースが公開され、Wikipediaに変更された。

日本語版ができたときは、講談社のメーリング・リストから、お誘いもあったが、自分の「マルチメディア・インターネット事典」で手一杯で、断った。

とくに、初めた人がゲーム・デザイナーで、当時私はハドソンと仕事をしていたので、そちらへの義理立てもあった。

さらに、Wikipediaで哲学という言葉を乱発し始め、私はドイツの第3哲学科大学院に在籍していたので、Wikipediaのオーナーが哲学を理解していると考えられなかった。

Wikipediaは、その後3800万の記事を289の言語で紹介するようになったと報告している。

バイアスの責任がウェブサイトを書き、編集する人々により負われた。
世界中からの約30,000人のボランティアが参加していた。

Wikipediaのエディタの約90%は男性的であると報告している。
ただし、英語版と日本語版では内容的にかなり差がある。

また、人材不足も起こっている。

一時期記事の著作権問題が噴出し、多くのボランティアが協力を拒否し、修正が追いついていない記事も増えてきている。

また、ドネーションも国によって大きな差があり、話題ほど順調では無いようである。

マルチメディア・インターネット事典では

百科事典プロジェクトNupedia.comのほか、
Wiki
Wiki/2002年
Wiki/2003年
Wiki/2004年
Wiki/2005年
Wiki/2006年
Wiki/2007年
Wiki/2008年
Wikia Searchプロジェクト
Wikia unveils OpenServing
WikiBook
Wikileaks
「Wikipedia」潰し攻撃
Wikipediaのパロディ
Wikipediaハイジャック
Wikipediholic
WikiScanner
WikiSeek
wiki-wacky
「Wikiで小説」プロジェクトを紹介しているが、私が使っていたデータベース・ソフトの限界が来たので、マルチメディア・インターネット事典の更新は2008年で中止した。

Wikipediaがなぜ項目に無いのかという問い合わせも多かったが、本来Wikiの発展型であり、Wikiでとらえるべきと考えていた。
それに、原型の百科事典プロジェクトNupedia.comを紹介しているので、混乱する危険性もあった。