2016-01-15

アップルは貯蔵可能なiPadアートワークショップ「LINK」をスタート。

アート教育

ジェフ・ガメット(Jeff Gamet)はMacObserverで、もしあなたがiPadを持ち、アートの創作ツールとしてそれを使いたいなら、アップルはあなたのためのワークショップを持っていると報告した。

アップルは、あなたが、ある所でスケッチし、引くための基本的なテクニックを学び、apps.によってペイントするために、あなたがあなた自身のiPadを持って来る必要があり、鉄筆もよいアイデアであるで、「iPadを持つスケッチ、引き、ペイント」というタイトルを付けられる新しい貯蔵可能なワークショップ「LINK」をスタートしたばかりである。

これは、新しいiPadプロ(iPad Pro)とアップル鉛筆(Apple Pencil)オーナー、またはそれらの内側のiPadアーティストを解放しようとしたい誰でも利用できる大きいクラスのように見える。

そう言えば、知人が昔「Painter」というツールを使って絵を描いていた。
今は、iPadを持ってスケッチにいう時代かもしれない。

長時間のワークショップはいくつかの国のアップルの小売店で自由で、入手可能である。

そう言えば、音楽だけでは無く、アート作品が、画廊より多く、オンラインで売れている。
確かに、物流の問題はあるが、オンラインでアート作品を販売するビジネスは魅力的である。
有名作家の作品が正規ルートで入手できる環境は、面白いビジネスである。
また、作家独自のビュアーで、アート作品の鑑賞可能にするプロテクトされたアート作品を販売することも可能だろう。

ただし、これはすぐにハッカーに破られるかもしれない。
アマゾンが本を売るなら、オリジナル作家の作品を直接販売するオンライン常設ギャラリーは、目玉が飛び出るような高額作品の販売も面白いだろう。
公共団体や教会など用オリジナル彫刻コーナーや壁画コーナーも面白い。

もちろん、古美術を販売することも可能である。

アップルも、そろそろオンライン・ショップの拡張を考える時期かもしれない。
アート系大学や学部が、教育用を兼ねたオリジナル作家の作品を直接販売するオンライン常設ギャラリーを運営したらどうだろう。

既成事実を本物にする時代、それにぴったりの新ビジネスになるだろう。

2013-06-26---脅威の現実!アート作品が、画廊より多く、オンラインで売れている。
2010-12-26---第2次世界大戦のナチの遺産ブンカーが、アート・ギャラリーになった。
2010-10-14---ロンドンで10月17日まで「Frieze Art Fair」がオープン。
2010-05-30---ローマで、21世紀の美術館「Maxxiモダンアートギャラリー」を一般公開した。