2016年01月12日

テッド・クルーズは、米国大統領不適格者。

政治

米国の新聞「ワシントンポスト(Washington Post)」は、メアリー・ブリジッド・マクマナモンはワイドナー大学デラウェア法律学校の教授(Mary Brigid McManamon is a constitutional law professor at Widener University’s Delaware Law School.)である。

ドナルド・トランプ(Donald Trump)の発言は、実際に正しい。

上院議員テッド・クルーズ(Sen. Ted Cruz/R-Tex.)は、生まれつきの米国市民ではなく、米国の大統領または副大統領であるのに適格ではないと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

その構成は、「自然な誕生した市民...を除いたどの人も大統領のオフィスのために適格ではないこととする。(No person except a natural born Citizen . . . shall be eligible to the Office of President.)」に適合する。

「自然な誕生(natural born)」の概念は、慣習法(common law)から来て、それは、最高裁判所が言った法律を問わず概念の定義のために私達が回らなければならないことである。

この主題で、慣習法はクリアで、明白である。

18世紀のイギリス法律学者ウィリアム・ブラックストーン(English jurist William Blackstone)は、それについての優秀な権威は、生まれつきの市民は、「イギリスの領土内で誕生する」であると宣言した一方、外国人は、「それの外で誕生する。」である。

この部門へのキーは誕生の人の国に忠誠の仮定である。

構成を立案したアメリカ人は、米国のためにこの原則を採用した。

「構成の父(father of the Constitution)」として知られているジェイムズ・マディソン(James Madison)は、「誕生が忠誠の標準であることが設立された。」述べた格言である。

[そして]「所は最も多くの一定の標準である;それは、米国にあてはまるものである。」

クルスはもちろん、米国市民である。

カナダで彼が誕生したので、彼は生まれつきではない。

しかし、彼の母は、アメリカ人であり、議会は、法令によって、外国で誕生した市民の子供に帰化を備えた。

上院議員の出身のため、彼は、アメリカの両親なしのエイリアンが受けなければならない長い帰化プロセスが必要でなかった。

代わりに、テッド・クルーズは誕生で順応された。

この供給はいつも入手可能であるわけではなかった。

例えば、外国に誕生したアメリカ人の子供が自動的な帰化を与えられなかった数十年が19世紀にあった。

構成の私が、エイリアンを順応するパワーを議会に与える記事。すなわち、議会はエイリアンの無能力を取り除くことができるなどので、投票することを許されない。

しかし、構成の記事IIは生まれつきの市民の法律のステータスを明確に採用し、大統領がそのステータスを所有していることを必要とする。

たとえスターに達するために、私達が、許可順応された移民についてどのように感じても、それらのうちの1つが大統領のオフィスを達成できる前に、構成は改正されなければならない。

議会は、生まれつきの市民への米国外の誕生で、誰かを変換するパワーを単に持っていない。

クリアであるようにそうさせなさい。いわゆるbirtherではない。

法律の歴史家である。

オバマ大統領は、彼が奉仕するオフィスとして適格な問題なしである。

大統領とテッド・クルーズの区別は簡単である。大統領は米国内で誕生し、上院議員は、それの外で誕生した。

それは、違いを持つ区別である。

この選挙サイクルにおいて、多い賢者は、クルスが、大統領であるのに適格であると宣言した。

それらは、法律のエキスパートの間の思われた合意に頼っている。

この観念は、以前の法務局長ニール・カタール(Neal Katyal)とポール・クレメント(Paul Clement)のため主としてハーバード法レビューフォーラム(Harvard Law Review Forum)の最近のコメントから出るようである。

しかし休む生まれつきの市民である質問をしようとする時に、作者は誤解し、誤用し、関連した法律を無視する。

ニール・カタールとポール・クレメントは、最高裁判所が、憲法の用語を説明するために、慣習法が有益であると認めていたと正しく宣言するけれども、最初は彼らもその法律を無視する。

代わりに、それらは3つの根本的な18世紀の英国法令(three radical 18th-century British statutes)に頼っている。

素人がそのような誤りを犯すことが理解できる間、それは、慣習法を法令の法律と同等視するために、そのような経験の2人の弁護士のために許されない。

慣習法はあいまいでなかった.生まれつきの主題はイギリスの領域(English territory)で誕生する必要があった。

その時、新しい法令はその法律からの革命の出発であった。

第2に、作者は、構成が慣習法の定義または法令のアプローチを含むかどうかという質問を適切にする。

しかし、それらは、答えのためのどのような米国ソースでも試験することに失敗する。

代わりに、ニール・カタールとポール・クレメントは、真新しい英国法令を「長年の伝統」の一部と称し、終えて、構成者は、その法律ゆえ それら「これらの法令に親密に精通していた。」 ことに従った。

しかし、それが、早い期間のすべての関連しているアメリカ文書をレビューする時、議会の討論で、とても尊敬されている論文と最高裁判所先例、それを含む 新奇な英国法令アプローチではなく、米国において慣習法の定義が受け入れられたと確信する 。

第3に、ニール・カタールとポール・クレメントは、多くの重量を、1790年に制定された最初の米国帰化法令に置く。

それが、「誕生するので自然である」というフレーズを含んでいるので、彼らは、そのような市民が、外国にアメリカ人の両親に誕生した子供を含むにちがいないと推定する。

しかし、最初の議会は、そのような意思を全然持っていなかった。

問題についての討論により、下院議員が、そのような子供が市民ではなく、順応される必要があることに気づいていたことが明らかにされる。後に、議会は、それらに備えるために、法令を制定した。

さらに、その法令は、誕生するので、子供が自然であると伝えていなかっただけである。それらがそのようなものを「考慮されなさい」とするべきである。

最後に、マディソンと同じくらいすぐ、そして議会のメンバーは、1795年に法令を書き直すために割り当てられて、彼は、「誕生するので自然である」というフレーズを削除し、それは帰化法令において一度も再び現れたことがない。

憲法の用語の意味を議論する時には、第2のソースを越えて、法律自身に期待することが重要である。

そして、この問題では、法律はクリアである:憲法の構成者は、大統領に、米国で誕生する米国人を要求した。

国民とエイリアンの定義と、選挙は日本でも問題になって居た。
それはまた、二重国籍という問題も含んで着る。

ただし、米国にとっては、さらに米国民とテロリストにも問題が波及する。

ヨーロッパにいると、突然外国人として区別されることがある。
私はドイツの国粋学とも言える書誌学の学部にいたので、すべて問題は先でクリアーに清掃してくれ、街を歩いていると、知らない人にまで、名前で呼ばれたり、古い家の中から、呼ばれ、よく見ると同じクラスにいたマインツのプリンセスだったりしたことがあった。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。