on-the-time.jp

2016年01月13日

オーストラリアで、妊娠している必殺の毒ヘビは、冷蔵庫の下で発見された。

自然

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、15の卵と共に、非常に有毒なイースタン・ブラウン・ヘビ(Highly venomous eastern brown snake)は、アデレード(Adelaide)郊外の冷蔵庫の下から捕らえられたと報告した。

冷蔵庫から飲み物を得るために、彼女が行き、下から外に凝視している茶色のヘビを彼女の人生で、最大の恐怖と共に発見した。

有毒なイースタン・ブラウン・ヘビは、家の所有者の店でも驚き、そのヘビは、さらに妊娠していて、後で15この卵を産んだ。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

アデレードからのヘビ捕獲者ローリー・バレル(Rolly Burrell from Snake Catchers Adelaide)は、ヘビを捕まえて、「「彼女がヘビを見たこと、また彼女で飲み物を得るために、冷蔵庫に行き、すべてのこれらの小さな動物が至る所で見ていたかもしれない。今やそれがラッキーである。」と言った。

茶色のヘビのための潜伏期は55日から80日までである。

ローリー・バレルはヘビをつかまえることが容易であった言った。彼は冷蔵庫を単に動かし、それをつかんだ。「私は40年間それをし、私はそれを容易に見えさせる」と、彼は水曜日に言った。

「あなたが1ヶ月あたり300匹のヘビを捕獲している。そに時には、わずかに遊び飽きる傾向がある。」

ヘビは、卵を置くことの極度の疲労から回復している。彼女は、リリースされる前に彼女の力を増強するために、いくつかのマウスと水を与えられた。

イースタン・ブラウン・ヘビは、通常1年ごとにほんの1または2件というオーストラリアの毒ヘビにかまれた傷死のほとんどについて原因があると報告している。

あまり、攻撃的ではないようである。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。