2016-01-12

ティーンエイジャーが、機内細菌感染の立証と予防システムを発明。

健康

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、17歳のレイモンド・ワン(Raymond Wang)は、どのように細菌が飛行機内で感染するかを考え出したと報告した。

それらを止めるためにされうることを考え出した。

最近のTED(Technology, Entertainment and Design)において、レイモンド・ワンは、どのようなスピードで航空機で細菌が動くかを示すために、彼がコンピュータシミュレーションを築いたかを説明した。

彼は、空気がキャビンのまわりに汲み上げられると、病原菌は乗客から乗客に広げられたと、言った。

SARS、鳥インフルエンザ(bird flu)、およびエボラ出血熱(Ebola)を含む空輸される病気は、過去の20年間の主要な国際的な警告を促したけれども、レイモンド・ワンは、彼のデザインが、フライトの間にそれらの広がりを限定するのに役立っているかもしれないことを望んでいる。

彼の機器は、古臭い空気をまわりに継続的に汲み上げるというよりもキャビンの外の空気を再流通させる小さいファンである。

TEDにおいて、レイモンド・ワンは、どのように2015年にエボラ出血熱突発の間にトピックにおいて彼の興味が刺激されたかを説明する。

彼は、鳥インフルエンザに苦しんでいる人を運んでいるフライトを含んで、どのように細菌が広がったかのケーススタディを見始めた。17人の他の人々をフライトの終わりによって感染したままにしておく。

レイモンド・ワンは、これがあるので、いくらかの使われた空気がフィルタリングで取り除かれて、また、キャビンのセンターで空気が混ざると説明した。

「私達がくしゃみする時に、空気は、フィルタを通って外に出ることがチャンスを持つ前に複数の時間で渦巻く」と、彼は言った。

彼は、人々が通路または窓側の席に座っているかどうかを問わず、ファンが、「パーソナライズされる呼吸は帯状になっているようにする」とどのように彼のフィルタが飛行機旅行に革命をもたらすかを説明する。

レイモンド・ワンは、どのように、一夜で、彼の機器 彼が言うことについて説明し、実施できたかを続ける。それで、世界で、US$数十億を蓄えることができた。

2002年から2004年までのSARS突発は、US$4000万かかったと見積もられて、WHO(World Health Organisation/世界健康)に従って、決めるために、インフルエンザ突発が£3兆かかるかもしれない。

2014-10-03---米国はエボラ「接触」で、100人をモニターしている。
2009-05-09---日本国内で初の新型インフルエンザ感染者が見つかった。
2009-04-30---成田の機内で、パンデミックが起こるところであった。