AD SPACE

2016-01-12

星の蜘蛛。

宇宙アート

NASAは、春ごとにそれが昇華させて、氷から直接蒸気になると、二酸化炭素氷の火星の季節のキャップは、多くの美しい地形を侵食した。
NASAの火星調査人工衛星のHiRISE(High Resolution Imaging Science Experiment/高解像度画像処理科学実験)カメラがこのイメージを取った領域で、私達は、星形のパターンを形成する雨樋を見る。

他のエリアでは、これらの放射状の雨樋は単にそれらの形のためクモとして言及されると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

この領域では、それらがセンターからより遠くなると、パターンは多い時に、外でチャンネル枝としてより模樹石のように見える。

雨樋は、季節の氷の下を、ガスが脱出する冒頭に流れているガスにより形成されると信じられて、塵に沿って表面から下に届く。

塵は扇状の積もった氷の表面に落ちる。

このイメージは、約1km(0.6マイル)の幅のエリアをカバーし、2009年02月04日に取られたESP_011842_0980としてカタログに載せられたHiRISE観察の部分である。

観察は81.8度南緯、76.2度東経(81.8 degrees south latitude, 76.2 degrees east)に集中される。

イメージはローカルな火星時間午後4時56分に取られて、場面は78度の太陽の発生角度の西から照明されて、従って、太陽は地平線の上の約12度であった。

203.6度の太陽の経度で、火星の季節は北の秋である。

NASAのパサディナのカリフォルニア工科大学の部門ジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory, a division of the California Institute of Technology in Pasadena)は、NASAの科学任務指導者職、ワシントンのための火星調査人工衛星を管理(manages the Mars Reconnaissance Orbiter for NASA's Science Mission Directorate, Washington)する。

デンバーのロッキード・・マーティンスペース・システム(Lockheed Martin Space Systems, Denver)はプロジェクトのための元請人であり、宇宙船が構築した。

高解像度画像処理科学実験はツーソンのアリゾナ大学(The High Resolution Imaging Science Experiment is operated by the University of Arizona, Tucson)により操作されて、機器は、コロラド州ボールダーのボール航空宇宙&テクノロジー社(Ball Aerospace & Technologies Corp., Boulder, Colo.)により築かれた

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/University of Arizona

Last Updated: Jan. 12, 2016
Editor: NASA Administrator

観察は81.8度南緯、76.2度東経(81.8 degrees south latitude, 76.2 degrees east)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
81°47'60.00"S,76°11'60.00"E

2015-09-02---ここの岩石は火星の早い大気のうちのいくらかを隔離した。
2015-06-06---火星のSirenum溝地域近くの新鮮なクレーター。
2015-04-11---火星の北平原は、酷寒のガリー。
2015-02-04---PahrumpヒルズのCuriosity火星探査車。
2015-01-15---火星のAureum Chaos地域で、光調音された沈殿物を。
2015-06-06---火星のSirenum溝地域近くの新鮮なクレーター。
2015-02-04---PahrumpヒルズのCuriosity火星探査車。
2015-01-05---火星表面のレイヤーと暗い砂丘。
2014-11-30---火星の酷寒の斜面。
2014-06-05---火星の巨大な地形。
2014-03-06---火星の春の砂丘。
2014-02-19---火星の砂丘で、フライング・フォーメーション。
2013-08-31---風に吹かれた火星の沈殿物の2世代。
2013-06-11---火星のラッセル火口の線形溝は、ドライアイスを滑らせる軌跡?
2012-09-11---火星のドライアイスと竜巻!
2012-06-22---火星の衝突クレーター。
2012-05-09---NASA火星宇宙船は、火星の砂丘で大規模な移動を検知。
2011-11-01---火星のニュートン・クレーター内部の斜面。
2010-11-29---火星のプロクター・クレーターの暗い砂丘原。
2010-08-04---火星の北極層。
2010-07-12---NASAとマイクロソフトは、火星の立体近接遭遇を提供。
2010-05-10---火星のヘラス平原(Hellas Planitia)
2010-04-13---海のように青い火星。
2010-03-31---一般大衆が選んだ、NASA火星宇宙船が撮影した写真。
2010-01-21---火星の砂丘。
2009-12-06---火星の砂のさざ波!
2009-10-26---入れ墨のような火星の高精細画像。
2009-10-08---火星のNoctis Labyrinthus(夜の迷路)
2009-10-06---火星のへール・クレーターの縁にある小渓谷の写真。
2009-09-24---火星でも氷を見つけた。
2009-06-17---火星で、約34億年前の湖の痕跡を発見した。
2008-05-30---火星のここに、Phoenixは着陸した!
2008-05-26---火星周回衛星のカメラから、フェニックスの着陸写真撮影成功!
2008-04-09---NASAの火星軌道宇宙船の高解像度写真と、ステレオ写真を公開。
2008-02-27---将来、NASAが月面基地を作る着陸地点のアニメーションを公開。
2008-02-20---NASAのJPL研究所、HiRISEによる最新の火星画像を公開した。
2007-03-03---火星の北極の近くで起こったアクティブな雪崩の画像。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.