2016年01月08日

H&Mスカーフは、何人かの人々を激怒させた。

宗教ファッション

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、H&Mのスカーフは、何人かの人々が、ユダヤ人の祈りショールに類似しているため、非常に怒らせたと報告した。

別の日、販売中の衣類で、別の論争のアイテムであった。
今回、それは、衣服チェーのH&Mで、2014年にダビデの星(star of David)の中央の頭蓋骨を特集しているTシャツを取り去る必要があった。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

本通り店は、祈りの間にユダヤ人の人々が自身を包むタリス祈りショールと強く似ている織縞によって白いスカーフを生産した後に、再び熱湯に居た。

ファッションのためのインスピレーションが、早い00において、人々が、あなたがkeffiyehスカーフを免れることができなかった年に揺り動かしたロザリオネックレスから、宗教で使うけれども、新しい物ではないので、最近、ファッションにおいてデザイナーがこれらの種類のアイテムを使うことを防ぐために、ムーブメントがあり、それを文化的な充当と考えている。

誰も発狂しているわけではない けれども、買物客シェリル・ヘッカー(Shopper Cheryl Hecker)は、プロ-イスラエル・グループを批評した。「私はそれが好きである-スタイリッシュで、同時に注意深い」とジャーナリストのアリナ D.シャロン( journalist Alina D. Sharon)はツイートした:

H&Mスポークスマンはi100.co.ukを話した。

もし私達がこの断片で誰かを怒らせたなら、私達は本当に残念である。誰もがH&Mで喜ばしく、私達は決して宗教または政治的な基本を取らない。縞は、この季節、および過ぎて私達がインスピレーションを与えられた何かのための傾向のうちの1つである。私達の強さは誰でも転覆させることはなかった。

彼らが、スカーフを店から取り除くことを計画したかどうかが尋ねられる時に、H&Mは、
それらは量は少なく、製品はいくつかの市場でもう入手可能ではないと追加した。

私も以前から宗教的な者に類似した者は、ファッションに採用すべきでは無いと考えてきたが、そのスカーフをアラブ人が購入したら、問題はさらに拡大したかもしれない。

また、ネオナチやユダヤ人嫌いでも、問題は起こるかもしれない。

ただし、私はコプトの十字架は持っている。
なぜなら、あれはステンドグラスの原型であり、光を通して、壁に映すことを楽しんでいる。

また、イスラエルで購入したヘブライ語で書かれた指輪は、次がアラブであったので、イスラエルから日本に郵送した。
意味の無いトラブルは、避けるべきである。

タイにあるインド製品を売る店は、私にヒンドゥーの印刷物や神々の彫像を売ってくれなかった。
インドでは、それらを売ってくれた。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。