on-the-time.jp

2016年01月06日

1,200人の裕福な人々の研究で、すべてが自由な気晴らしを共通に持っていた。

人物経済

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、たたき上げの百万長者スティーブ・シーボルト(Steve Sievold)は過去の30年間に、世界の最も豊かな人々の多くにインタビューした。

スティーブシーボルトが大学生でを退学っした時に、豊かになる彼の探求は、1回目の百万長者とのインタビューから始まった。と、彼は米国ニュース&世界リポート(US News & World Report)に話した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

それ以来、彼は過去の30年間世界の最も裕福な人々の1,200より多くにインタビューし、たたき上げの百万長者自身になった。

彼の研究において、彼は、豊かが共通に持っている気晴らしに気づいた。それらは読書によってセルフ教育する。

「裕福な人の家、およびあなたが見る最初の物のうちの1つに歩きなさい。どのように、より成功するかにおいて自身を教育するためにそれらが使用した本の広いライブラリである 」とシーボルトは書いている。

「中流階級は、小説、タブロイド紙、およびエンターテインメント雑誌を読む。」

豊かな人々は、楽しませたより教育されるほうがよい。

例えばウォレン・バッフェット(Warren Buffett)は、彼の労働日の80%が読書が専門である。

トーマス・コーリー(Thomas Corley)によると、「豊かな習慣:裕福な個人の毎日の成功習慣。」豊かな人々の67%は、1日当たり1時間かそれ以下。貧しい人々の23%が60分以下。

コーリーは、裕福人の6%がリアリティ・ショーを見ていた一方、貧乏の78%が見ていた。

大学が終わった長い間後に、 必ずしも中の豊かな不置き多くの在庫 フォーマルな教育。最も成功した人々の多くが小く、フォーマルな教育を持っている。富の促進で、彼らが学習のパワーの真価を認める間、シーボルトは説明する。

「その間、庶民は、マスタの程度と博士号がたいてい、それらが、意識のより高いレベルからそれらを抑制する考えのリニアのラインに閉じ込められることによる富への道であることを確信する」と彼は書く。

つまり、無駄にテレビで時間を過ごしている人は、リッチになれる可能性を削っていた。

大宅壮一は、正しかった。
しかし、ビル・ゲイツは1カ国語しか話せなかった。

2015-01-30---ビル・ゲイツのこれまででの悔いは、1カ国語しか話せない。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。