2015年12月17日

スマートフォンが、気候変化で持続可能なライフスタイルをサポート。

経済モバイル・マネー自然

Cellular-News.comは2015年12月22日に、気候変化の挑戦にアドレスすることキー役割を果たしている炭素信頼により制作されたGeSI(Global e Sustainability Initiative/グローバルなe持続可能性イニシアチブ)によりリリースされた新しいレポート「モバイル炭素インパクト・レポート(The Mobile Carbon Impact report)」は、スマートフォンが、モバイル炭素インパクトにより、炭素信頼により10のカテゴリーを横切る多くの炭素保存メカニズムが評価されたと報告した。

この没頭によりモバイル通信テクノロジーの各種の用途は、M2M(machine-to-machine/マシン-マシン)接続へのスマートフォンの使用から調査される。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

また、「モバイル炭素インパクト・レポート」のために米国、イギリス、スペイン、韓国、およびメキシコを横切る4,000人のスマートフォン・ユーザーの国際的な研究が実施されて、多くの人々は、すでに、それらのスマートフォンを、それらの個人的な炭素排出が切られることで助ける方法で使っていることが見つけられてた。

全体において、回答者は、新しい行動を採用するために、自発性のハイレベルを表現し、いっそう大きい未来縮小を結果として生じるかもしれない。

「モバイル炭素インパクト・レポート」は、共通のうちのいくらかが、現在全体の炭素停止インパクトに寄与して、モバイルで使うことを明らかにした。

車も運転するスマートフォン・ユーザーの84%は、旅行ルートをより効率的に設計するか、または交通を避けるために、サトナブ・アプリ(satnav apps)を用いる。

回答者の80%は、旅行する必要を避けて家から仕事または研究にモバイルを使う。

ほとんど、調査されたそれらの半分(49%)は、物質的な製品音楽(新聞などの)と本の代わりに彼らがデジタルで購入すると述べていた。

「モバイル炭素インパクト・レポート」は、輸送から未来の炭素排出縮小のための潜在的なエリアも強調した。

調査された車ドライバーの半分(55%)より多くが、機器に適合させていさせることを考慮する。もしそれらがより安全で、より環境にやさしい方法で運転するならば、それは自動車保険を減らす。

10人の4人40%)が、未来にセルフ疾走車を使うことを考慮する。

そして、もし次のサービスが到着する時に、正確に見るために、それらがモバイルAppを持っているなら、まさに半分(48%)でより大衆輸送を使いそうであろう。

しるし、どのように生活について、近い未来のより効率的で、環境にやさしい点で住むことができるか。

スマートフォン・ユーザーの68%は快くアプリを用いる電気の機器をコントロールする。および家での冷暖房。

63%は、未来に公務にアクセスするために、モバイルを使う。

49%はそれらの借方またはクレジットカードの使用を取り替えて、それらのスマートフォンで現金化する。

そして、63%は医師への不緊急事態訪問をビデオ呼び出しと取り替える。

P2P(peer-to-peer/ピアツーピア)と共有経済の可能性はまた、「モバイル炭素インパクト・レポート」において強調された。

快く、49%で、ホテルへの訪問を、誰かの家に滞在することと取り替える。

そして、快く50%がそれらのスマートフォンを使用する売る。使用料、または彼らの株アイテムは他によって所有している。

レポートはインパクトモバイル通信テクノロジーの炭素信頼の定量化も含んでいたM2M(machine-to-machine/マシン-マシン)接続を含むそのアプリケーションのうちのすべてを横切って今日持っている。

この分析は見つけた中のモバイル・テクノロジーの使用で、まさに米国とヨーロッパが、1年、量あたりニューヨーク州の総年間排出より偉大な1億8000万メートルトンを超える炭素排出の節約を可能にする。

GeSIの会長ルイス・ネベス(Luis Neves, Chairman of GeSI)は、
「最近数年のモバイル通信進歩は、さらに良いもののための世界を変えるのに役立っている。最初ビジネスの加速採用曲線(accelerating adoption curve, where businesses)に私達が正しいこと、政府、および社会認識事を違ったふうにするためにテクノロジーから提供された可能性の富。このリポートは、私達がより持続可能な世界を形成することを手助けして、すでにモバイルがグローバルな経済を横切る本当の違いを生じさせていることを示す。」と言った。

炭素トラストのシニア・コンサルタントのアンディーステファンズ(Andie Stephens, Senior Consultant at the Carbon Trust)は、
「モバイルが、気候変化に取り組むのに役立っている時に、実行のために、キー役割を持っていようとしている。しかし、今日テクノロジーがあったインパクトは、単にその完全な可能性の小数部である。挑戦の緊急性が与えられて、モバイルが、炭素を切るのに役立っているかもしれない様々なメカニズムの採用を促進するために、その時の世界面クリアなケースがある。それは、発展世界の緑色の成長を促進するのにも役立つはずで、それらがより持続可能な経済へのそれらの道を飛び越えることを手助けする。」は、追加した。

しかし、モバイル機器の弊害も多い。
このような一方的なレポートは、非常に危険である。
常識あるレポートは、両方のバランスを明らかにする。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告