2016-01-01

テキサスの新しい銃法が、どう滑稽であるかを証明したパラグラフ。

犯罪と裁判

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、バラク・オバマ(Barack Obama)が、銃暴力を抑制するために新しい手段を通って強制するために大統領として彼の最終的な年を用いることを誓約した間、それが2番目の改正に来る時に、米国は、分割された国家であり続けた。

[AD] You can advertise on this site.

2016年01月01日元日現在、テキサスの新しい法は、最も公的な場所で、人々がピストルをホルスターに腰またはそれらの肩で公然と運ぶことを可能にした。

実のところ、全国的な新聞のこのパラグラフは要約する。それは、ちょうどどれほど銃に友好的である状態 なった。

ラインは、先月国の銃法に公然と批判的であったニューヨーク・タイムズ(New York Times)記事の開始の時に、反応についてテキサスの新しい規則は出現した。

それは、彼の娘に彼女の12番目の誕生日のために、ピンク色の.22口径ライフルを与えた以前の軍隊軍曹を引用する。

彼は言った:「私は、誰もが過激に反応していると思う。」と言った。

どちらが、過激に反応している?

米国は二重構造に不思議な国である。

2016-01-01---テキサスで、あこがれの西部劇時代がやってくる!
2015-12-15---銃で人が殺されると、銃が欲しくなるアメリカ人は正常か?
2015-12-09---歴史が無いのに、過去の歴史にこだわるアメリカの銃社会!
2015-12-04---米国で起こっている大量の銃撃の数学。
2015-10-07---拳銃、通常の3倍で買い取り、ヒットマン募集!
2015-08-21---北のフランスの列車で重装備テロリストをやっつけた3人のアメリカ人!
2013-09-18---スターバックスと拳銃!
2013-06-14---銃規制を真面目に受けとめることができない米国。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE