on-the-time.jp

2015年12月29日

ギリシャのレスボス島に残された450,000以上の救命胴衣。

戦争と平和

Al Jazeeraは、ギリシャへの避難民のためのライフジャケット山隠喩。日ごとに避難民がそれらの生命を思い切って掛けてみると、ギリシャのレスボス島(Lesbos, Greece)で450,000を超える救命胴衣が蓄積した。

つまり、命を掛けた究極の選択の結果であった。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

日毎に増し、それは証拠として、ヨーロッパの安全を求めるための途中でこのギリシャの島を通過した避難民のうちの数十万人に役立った。

UNHCR(United Nations refugee agency/国連避難民エージェンシー)によると、他の場所から、救命胴衣、ゴムボートのガスを抜いた巨大な塚および膨張式のプールfloatiesは、最高3,400人の避難民と移民が1日毎に上陸するレスボス島の岸を一列に並べる。

泥に覆われて、小さい道路で、島の北の町のでこぼこの沿岸に沿って織る。冬の水域から出現した後に乾くようにそれを使用した避難民のグループの唯一の残余である。

ビーチに沿った数分の歩行、よちよち歩きの幼児のために作られた小さく、パステル調の青色のベストがある。

シリアの都市アレッポで進行中の流血から逃げることによって、トルコ海岸町に到着するとすぐに、救命胴衣を求めるために捜しに行った。

それは同時に、救命胴衣、ゴムボートを跳ぶように売って、巨万を稼ぎ出す怪しい集団がいた。

救命胴衣、ゴムボートが無ければ、即死を意味する。

それはヨーロッパで何度も聞く、楽観主義(optimism)と悲観主義(pessimism)の物語を実感する。
それはヨーロッパ哲学の根底になり、「コップに半分の水:で、その比較をしているが、私が知っているのは、イソップ物語のようなミルクが入ったコップの話しであった。

ミルクが入ったコップに落ちた2匹の蟻が、1匹はミルクの中でもがき、苦しみ、助かろうと泳ぎ回り、あらゆることを試し、過去の知識をすべて試すが、もう一方は、食い物の中で死んでいけるのは幸せだと感じた。

私はこの物語で、どちらが正しいかではなく、どちらもそのタイミングで正しいことがあることを感じた。
つまり、結果の前に、結論は出すべきではないと言うことを話したことがある。

ギリシャのレスボス島(Lesbos, Greece)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
39°15'52.2"N 26°16'39.8"E

2015-09-28---シリアの難民ロックバンド、途中から「亡命ライブツアー」に変身!
2015-09-24---アフガン難民少年の夢!「ドイツで、日本人のような発明家になりたい。」
2015-09-21---ISにピアノ燃やされたシリア人音楽家は、ヨーロッパを目指した!

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。