on-the-time.jp

2015年12月23日

スマートウォッチに動かされ、ウェアラブルは2019年2億を凌ぐと予測!

未来モバイル・マネー

Cellular-News.comは、世界的なウェアラブル機器市場は、続けられた成長を、2番目および3番目の世代繰返しが市場に到着すると考える。

これらの新しい機器はハードウェアを基にし、それらの前任者のソフトウェアおよび今日潜在的な顧客が持っている欠点と懸念のうちのいくつかに答える。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

IDC(International Data Corporation)の世界的な毎季の着用可能機器追跡者(Worldwide Quarterly Wearable Device Tracker)によると、世界的なウェアラブル機器市場は、2015年にる8000万のユニットga出荷されて、2016年に強い44.4%の出荷が上昇することが期待されて、出荷が合計で1億1110万ユニットのに達する。

2019年までに、予測および全体の出荷の最終的な年は、2億1460万のユニットに達し、CAGR(compound annual growth rate/年間成長率)28%の5年の化合物を結果として生じる。

「ウェアラブルの最も一般的なタイプは、今日フィットネス追跡者のようなかなり基本であるけれども、次の数年の間、私達は形ファクターと機器タイプの増殖を予期する」と、IDCモバイル機器追跡者のシニア研究アナリストのジテッシュ・ウブラニ(Jitesh Ubrani)は言った。

「よりスマートなウェアラブル、メガネ類、均一な耳に着けられている機器ヒアラブル(hearables)はすべて、大量の採用のそれらの初期の段階にある。

現在、これらはそれらのアナログ対応するものほどかなりスマートではないかもしれないけれども、ウェアラブルの次世代は、広大に改善された経験を提供し、たぶん人の才能を増やすためにさえ、トラックにある。」

ウェアラブルの最もポピュラーなタイプのうちの1種類は、2016年に出荷された3430万のユニットの合計に達し、スマートウォッチ(smartwatches)について、2015年に出荷することが期待されている2130万のユニットから上がる。

2019年までに、予測および全体の出荷の最終的な年は、8830万のユニットに達し、42.8%の5年CAGRを結果として生じる。

「短い量の時には、smartwatchesは、スマートフォンの拡張であることから通信ができるウェアラブルなコンピュータに進化した。」と、IDCのウェアラブルチームのための研究マネジャーのレーモン・ラマ(Ramon Llamas , Research Manager for IDC's Wearables team)は、通知書アプリケーションおよび多くの他の機能に、注目した。

「私達が持っているスマートウォッチは、今日、未来に私達が見るスマートウォッチのようなものに思われない。
携帯電話の接続性、爆発的なサードパーティ・アプリケーション市場は言うまでもなく、健康センサーはすべてがゲームを変更する可能性があり、前に行く市場の訴えと評価を引き起こす。

「スマートウォッチ・プラットフォームは発展を導く」
「スマートウォッチの脳として、プラットフォームは、ユーザーと対話している極少ではなく、すべての仕事、およびプロセスを管理し、アプリケーションのうちのすべてを実行し、スマートフォンと接続する。一度、3番目の要素が細胞の接続性と取り替えられる 最初の2つの要素は、すべてのデータと接続を理解するために、より大きい役割を引き受ける。」と、ラマは付け加えた。

トップの5のスマートウォッチ・プラットフォームのハイライトとして、予測としてアップルのwatchOSがアップル製品オーナーの忠実なファンベースで、急速な成長アプリケーション選択によってスマートウォッチ市場を導く、両方のネイティブのアプリを含み、ウォッチ・デザインされたappsは. 非常に迅速で、watchOSは、他のスマートウォッチとプラットフォームが比較される測定バーになった。

改良および追加の機能に多くの余地がある間、それを市場の残りの前に保持するために、十分な推進力がある。

ちょうど技術系企業ASUS、Huawei、 LG、モトローラ(Motorola)、ソニーおよびFossil とタグホイヤー(Tag Heuer)など、伝統的な時計製造人を含むように、そのベンダリストが成長する時に、アンドロイド/アンドロイドウェア(Android/Android Wear)はwatchOSの秒差の後ろで遠距離である。

より遠くに発展するように、小さな部屋をOEMに去り、価格とスマートウォッチ・デザインにだけ選ぶために、ユーザーが去ったので、アンドロイドウェア機器のユーザー経験は主として1つの機器から次に同じであった。

スマートウォッチのパイオニアPebbleは市場占有率をAndroidWearとwatchOSに譲渡するけれども、まったく消えるわけではない。

その簡単なユーザー・インターフェイスと機器は、理解しやすい使用ケースに進み、他のプラットフォームと関連するその価格ポイントは、市場の最も買うことが出来るスマートウォッチのうちの1つをPebbleは作る。

サムスンのTizenはスマートウォッチ市場のダークホースである可能性があり、脅威を、互換性をほとんどの旗艦アンドロイドスマートフォンとアプリケーション選択競争アンドロイドウェアに含めているアンドロイドウェアに提出する。

さらに、サムスンと、Tizenは、QWERTY配列キーボードを、スマートウォッチ・スクリーン、期待電話の接続性、および新しいユーザーインタフェースに含むテクノロジー開発から利益を得ていた。

それは、AndroidWearとwatchOSに付いて行くためにTizenが目立つことを手助けする組み合わせである。

サードパーティア・プリケーションを実行する可能性があるRTOS(Real-Time Operating System/リアルタイム・オペレーティングシステム)において動いているスマートなwristwearに小さいけれども、それにもかかわらず重要な市場があるけれども、これらのリストされたプラットフォームのうちにはない。

これらは専有的なオペレーティングシステムである傾向があり、彼らがチャンピオンに彼ら自身の機器を望んでいる時には、OEMはそれらを使う。

これらは具体的な市場または機器内で助けるけれども、市場の大多数には追い付かないと予測している。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。