on-the-time.jp

2015年12月29日

暖冬で、仏南西部サンドリユーのイチゴが熟した。

自然

AFPは2015年12月30日に、フランス南西部サンドリユー(Cendrieux)で、季節はずれの暖かさで熟したイチゴを調べるペリゴール(Perigord)地方の生産者の姿がみられたと報告した。

年末の特別に穏やかな陽気の影響で、ペリゴール地方のイチゴやアルザス(Alsace)地方のアスパラガスがクリスマス用に収穫され、南仏コートダジュールのフレンチ・リビエラ(French Riviera)ではミモザが咲き誇った。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

日本でも2015年12月22日に、イチゴが高温で生育が前倒しされ、クリスマス・ケーキの需要が盛り上がるこの時期に出荷が集中している。
前年同時期に比べ2割安い。一方、ミカンやリンゴは生育期の天候不順が響き1〜2割高になっている。
野菜の卸値が総じて安値なのとは対照的に果実の高値が続いていると報告した。

フランス南西部サンドリユー(Cendrieux)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
44°59'43.9"N 0°49'22.9"E

2015-12-22---クリスマスに高騰するイチゴが、暖冬で価格下落。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告