AD SPACE

2015-12-23

タッチ・テクノロジー製品は、アップル製品で拍車が掛かった!

Cellular-News.comは、アップルによるApple Watchのタッチ・テクノロジー(Touch technology)採用と、iPhone6ラインの3D感触は、タッチ・テクノロジーにおける成長とモバイル機器の他のタッチ・パネル向上をもたらしていると報告した。

他のブランドと集積回路(IC)メーカーは、現在、高コストのため解決策として、主にハイエンドで、中間の範囲スマートフォンを感知して、彼ら自身のパワーを準備して反応している。

[AD] You can advertise on this site.

2016年に4億6100万のユニットに達するためにタッチ・テクノロジー・モジュール出荷が、2016年に317%成長することが期待されている。

IHSによると、出荷された新しいスマートフォンのうちの約1/4(24%)は、タッチ・テクノロジーを含む。

「ソリューションを感知しているパワーは別として、スマートフォン・ユーザーのためのタッチ・インタフェースをさらに改善するために、タッチ・コントローラICメーカーが携帯電話中および携帯電話上のタッチ・ディスプレイの生産を積極的に拡大している。」と、IHSテクノロジー(IHS Technology)のためのユーザーインターフェイス研究タッチのディレクターのCalvin Hsiehは言った。

最新のIHSタッチ・ユーザー・インタフェース・リポートによると、携帯電話中および携帯電話上のタッチ・パネル出荷は、2015年にすべての携帯電話感触パネル出荷の40%に達し、2018年に50%に上昇する。

「スマートフォン・タッチ・コントローラICメーカーの焦点が新しい機能を円熟感触パネル市場の拍車成長に発展させることに合わせられる。」

タッチ・パネル産業での進行中の発展はサプライ・チェーンも変更し、競争に影響している。

コントローラICメーカーに触れて、第一に2015の前半に主要な情報技術と家電製品のため、台湾と中国の市場の45%より多くを占めている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.