2015年12月23日

世界初の法典準拠の航空会社マレーシアのRayani航空が飛び立った。

宗教

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」とAl Jazeeraは2015年12月23日に、法典法(Sharia law)のために従順な世界初の航空会社は、マレーシアで初公開されたと報告した。

新しい低価格の航空会社Rayani航空会社()は、その常務取締役ジャファー・ザムハリ(Jaafar Zamhari)によると、Rayani航空会社(Rayani Airlines)は、それが、「基礎が関係当局によりガイドラインに置かれる」という法典規則に厳密に従うと言う。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

マレーシアは、このところ航空会社で大きな事故に巻き込まれ、それを回避するには、宗教しかなかったのかもしれない。

以前、ネパールの航空会社も、事故が多発し、生け贄を捧げたことがある。

会社がその処女フライトを発進させると話すことによって、ジャファー・ザムハリは、規則が女性のイスラム教キャビンクルーのための義務的なヒジャーブを含むのを発表した一方、非イスラム教徒は、「きちんとしたユニフォーム」を身に着けていなければならない。

ローカルニュースアウトレットAstroAwaniは、祈りは個々のフライトの出発の前に暗唱される。
アルコールが厳密に禁じられて、提供されたどのような食物と飲み物でもハラールである。

航空会社は現在国内のフライトを提供するだけであるけれども、翌年には、そのネットワークを国際的に拡張することを計画した。

ジャファー・ザムハリは、中東のルート、およびイスラム教徒により、サウジアラビアのメッカへの年間の巡礼であるウムラとメッカ巡礼のためのフライトを導入する計画に言及した。

イギリス・ベースの法典準拠航空会社についての計画は、また、来年に課されたフィルナース航空会社(Firnas Airways)のスタートで進行中である。

バングラデシュ住民実業家カジ・シャフィカー・ラーマン(Bangladeshi businessman Kazi Shafiqur Rahman)により設立された。

ブルームバーグのレポートによれば、フィルナース航空会社は、「多くのイスラムの宛先に利用可能であるより高級なキャビンで、アルコール、および食物への法典準拠のアプローチ」を結合することに努める。

いくつかの法典法に従う他の航空会社が、離陸の前に旅行の祈りを持っていて、そのフライトで、豚肉製品を提供しない首長国のEtihadを含む。

『法典法律(Sharia law)』は、イスラム教の道徳的で、法律のコードに基づいて法律の枠組を参照する。マレーシアは、イスラム教徒として、61%より多くの人口うぃ識別している大多数イスラム教の国である。

国際的なピュー研究センター(Pew Research Centre)投票によると、イスラム教マレーシア人調査同感であった法典の86%はイスラム教徒で、それらの国の土地の公式な法律になっている。

マレーシア政府は長い間「適度な」イスラム教国として国を促進した。

そう言えば、ドイツで知り合ったマレーシア人は豚肉を食っていたので、大丈夫かというと、ドイツで豚肉を食ベないと死んでしまうと言っていた。確かに、豚肉を止めるとソーセージは食えないし、ハックステーキもダメ、ハムもダメ、アイスバインも食えない。学生食堂でだされるものはほとんどが食べられなくなる。

駅前の美味しい鶏の丸焼きもハラルではない。

それは、イラン人の友人も言っていた。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。