on-the-time.jp

2015年12月18日

小さい女の子はスーパーマーケットの人をサンタクロースと信じた!

自然人物ファッション教育

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、小さい女の子はスーパーマーケットの人をサンタクロースと信じきってしまった。彼は小さい女の子のために、完全に演じきったと報告した。

これをもし、デパートで見つけた俳優に要求したら。どうなる。

もし、あなたがサンタだと、小さい女の子が信じきってしまったら、どうする。

もうすぐクリスマス。
こんな時、あなたは、赤い装備を選び出す時に、灰色のあごひげを持つ年配の人が躊躇すると思う。

何としても、ロジャー・ラーック(Roger Larck)が、ウェストバージニアのハリケーンにあるスーパーマーケット(Hurricane, West Virginia)で、ソフィア・ジョー(Sophia Jo)が接近したた時に、彼がサンタクロースと信じたことにり、完全に反応した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ソフィアの父ロバート・ライリー(Robert Riley, the father of Sophia)により映像でおおわれた会話で、私達の好きな部分は、以下の連続であったと言った。

ソフィアの母:何であなたが彼と別れようとしているかをサンタに言いなさい!

ソフィア:クッキー!

ロジャー:私はそれらをすべて食べてもよいか?

ソフィアはうなずく

ロジャー:おお素晴らしい。私はそれらをトナカイと一緒に食べる必要がある。

ソフィア:あなたはそれを持って行って良いよ!

ロジャー:私はそれを持っていても良いか?

ソフィア:(うなずき)それらは草、けれどもを食べる。

ロジャー:あなたは正しく、それらはする!しかし、北極では、草はかなり見つけづらい。

もの きらきらと偶然のサンタクロース 。もし今日あなたに小さい元気づける物が必要ならば、それは声援の1.5分の一服である。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告