2015-12-18

それらが『無作法』なので、警察は裸の自然な女性の写真展示会を閉鎖。

性とメディアアート健康美容と医学の科学ファッション自然

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」と私は、この裸の自然な女性の写真が、『無作法』と思わないので公開することにした。

これが『無作法』なら、現在戦場になっている地域で、裸になって川や海に飛び込んだ私は、『無作法』だが、みんな笑って、女性は赤面して見ていた!

今から思えば、私の裸は、平和の象徴であったのかもしれない。
現在それをすると、私は撃ち殺されることだろう。

コペンハーゲンのスクエアで、ネガティブな自己像と戦っている展示会は、警察により閉じられた。

写真家マティルデ・グラファストローム(Photographer Mathilde Grafström)は、女性美と呼ばれる写真シリーズのために伝統的なモデル表情を持たない女性で断線した。

「私が私の写真を若い女性に持って行く、彼らが考えるよりそれらは美しい。私は、彼女が美しいこと、および私は、彼女が自身を受け入れることを手助けできる方法。」と、彼女がデンマークのTV2で話した。

警察は、グラファストロームがそれらに対して不満を申し立てて、女性のボディとして 「不快」 のそれらの見方を非難することによって、コペンハーゲンのNytorvスクエアにおいて、彼女の写真が表示される許可を否定した。

マティルデ・グラファストローム-女性の美。
「それはすっかりふらちである。私のアートの全体の抑圧。」
「私は私の写真が不快であるかもしれないと理解していない。彼らは、何かに、あなたが、水泳プールでいつあなたが衣服を着替えるかをわかると知らせる。」と、彼女は言った。

グラファストロームは、注意を、下に乗られなかったコペンハーゲンバスの側に運営されている美容整形クリニックのための言及特徴としている裸の胸で引き付けた。

「Nygartが[外科]の胸である プラスチックである。私の写真は審美的な表現である。私の写真がわいせつであることは衝撃的である一方、広告はそうではない。」と、彼女は付け加えた。

裸体画とグラファストロームの仕事は彼女の体について、彼女自身の不安な物事から生じる。

「私は、裸の私のモデルを撮すことが大好きである。しかし、私は、私のヒップと胸が小さくいと思い、時々、また、私が私自身の問題と戦うので、それは難しいかもしれない。」と彼女は彼女のWebサイトで書く。

「時々私のボーイフレンドが私の体を見ている時に、私は私が人目をひかないと思う。しかし、私は、それが、私をそれほど美しくなく、自由がなくする私の体についてのすべてのネガティブな考えであるとわかることができる。」

「私達が自身を小さくしない時に、私達自身の考えは、私達のため穴をあけることと醜いことは,
美、ライフ、喜びで自然に輝く。」

Copenhagen’s Nytorv squareのGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
55°40'49.9"N 12°35'09.4"E