2015年12月17日

最後の£1コインが、王立鋳貨局で鋳造された。

モバイル・マネー犯罪と裁判政治経済

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、2017年に流通に入る新しい12角形の£1コインに道をあけるため、現代流通している£1コインは、王立鋳貨局(Royal Mint)で最後に鋳造されたと報告した。

新しい12角形の£1コインへの置換は、世界の中で最も安全として王立鋳貨局により宣伝されている。それは、既存の£2コインと異なっていることではなく、エッジの形とサイズが違う。および2つの色のまわりのマイクロテキストを特徴とする。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

現在のUKポンドコインは、1983年に最初、Llantrisantにおいて、5年後で外で段階的に実行された£1紙幣の置換として鋳造された。最終的なバッチは、南ウェールズ州のロンダ。シノン・タフ(Rhondda Cynon Taf in South Wales)の特別市の王立鋳貨局で同じ生産ラインからはずれる。

その年はそれを偽造に対して特に脆弱にする。
£1コインのまわりの4500万より多くの偽物が、流通していると見積もられる。それは3%と当量で、32年間に流通で、22億を超える丸い1£コインは、生産された。

ジョージ・(George Osborne)オズボーンは、予算において、1937年から1971年までの流通にあった古い3ペンスのビットのデザインを思い出す新しい12角形モデルのためコインが取り替えられることを発表した。

王立鋳貨局からのアンドリュー・ミルズ(Andrew Mills)は、BBCに、それが、国の1つの自動販売機、買い物用手押し車、および体育館のロッカーごとに数年で、変更されると思っていると言った。

現代流通している£1コインは、イギリス人のマニアが、集めることだろう。

前の12進法の判りにくいコインもコレクターがいた。

Rhondda Cynon Taf in South Wales, Royal Mint(王立鋳貨局)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
51°33'14.9"N 3°23'20.0"W

2015-03-17---新しい1£コイン・デザインは、ティーンエイジャー。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。