2015年12月17日

最後の£1コインが、王立鋳貨局で鋳造された。

モバイル・マネー犯罪と裁判政治経済

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、2017年に流通に入る新しい12角形の£1コインに道をあけるため、現代流通している£1コインは、王立鋳貨局(Royal Mint)で最後に鋳造されたと報告した。

新しい12角形の£1コインへの置換は、世界の中で最も安全として王立鋳貨局により宣伝されている。それは、既存の£2コインと異なっていることではなく、エッジの形とサイズが違う。および2つの色のまわりのマイクロテキストを特徴とする。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

現在のUKポンドコインは、1983年に最初、Llantrisantにおいて、5年後で外で段階的に実行された£1紙幣の置換として鋳造された。最終的なバッチは、南ウェールズ州のロンダ。シノン・タフ(Rhondda Cynon Taf in South Wales)の特別市の王立鋳貨局で同じ生産ラインからはずれる。

その年はそれを偽造に対して特に脆弱にする。
£1コインのまわりの4500万より多くの偽物が、流通していると見積もられる。それは3%と当量で、32年間に流通で、22億を超える丸い1£コインは、生産された。

ジョージ・(George Osborne)オズボーンは、予算において、1937年から1971年までの流通にあった古い3ペンスのビットのデザインを思い出す新しい12角形モデルのためコインが取り替えられることを発表した。

王立鋳貨局からのアンドリュー・ミルズ(Andrew Mills)は、BBCに、それが、国の1つの自動販売機、買い物用手押し車、および体育館のロッカーごとに数年で、変更されると思っていると言った。

現代流通している£1コインは、イギリス人のマニアが、集めることだろう。

前の12進法の判りにくいコインもコレクターがいた。

Rhondda Cynon Taf in South Wales, Royal Mint(王立鋳貨局)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
51°33'14.9"N 3°23'20.0"W

2015-03-17---新しい1£コイン・デザインは、ティーンエイジャー。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告