on-the-time.jp

2015年

IoTレポート・スマート・ホーム・ランドスケープ2015。

モバイル・マネースポーツ音楽

VisionMobileは2015年08月00日に、シリーズIoTレポートで、スマート・ホーム(Smart Home)は物のインターネットの中で最もポピュラーなセクタである。
現在、スマート・ホーム・テクノロジーで500万人の開発者がそれらを試していると報告した。

しかし、スマート・ホームは騙された約束のため、ライブで悩むかもしれない。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

スマート・ホームの国内市場はまだ主流買手に達していなかった。

消費者にとって、解決はしばしばあまりに高価であるか、あまりに複雑であるか、単に購入を正当化するのに十分役に立っていない。

開発者の生態系は、その挑戦について述べることを助けることができる。 スマート・ホームのキラー使用事例のためのハントは、開いている。

このリポートにおいて、VisionMobileは、どのように、開発者が、早い採用者市場がなくスマート・ホームが打ち破ることを手助けできるかのストーリーを話し、その完全な可能性に達する。

VisionMobileは、第9版1,000+スマート・ホーム開発者(9th edition Developer Economics survey)を含む、13,000人を超える回答者に達した開発者経済学調査に基づいてスマート・ホーム開発者の輪郭を描く。

さらに、VisionMobileは、それらの探求において開発者をエンパワーメントし、サポートし、このスペースで、未来の勝者の展望を与える40+スマート・ホーム・プラットフォームの景色を脱して構築すると報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告