gaYa広告

2015年12月04日

米国で起こっている大量の銃撃の数学。

戦争と平和犯罪と裁判

米国の新聞「ワシントンポスト(Washington Post)」は、大量の銃撃による死某社の数は、場所によって異なる。
教会は9人。
レストランは23人。
小学校は26人。
さらに、休日のパーティー会場は14人であった。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

しかし、武器は公分母である。

米国の大量の殺害は、最もしばしば、法律上合法的に得られた銃、ほとんど通常はピストルで実行される。

大量の銃撃の一般的に受け入れられた定義が全然なく、種々の組織は種々の標準を使う。
最も必殺の事件で私達が思われるこの断片に、開始として1966年08月01日は、前海兵隊狙撃兵チャールズホイットマン(Charles Whitman)が彼の妻と母を殺した時には、テキサス大学で27-ストーリー・タワー(27-story tower)に登り、警察が彼を銃撃で殺す前に、14人以上を殺した。ここの数は、4人以上の人々が単独な射手に殺された121人の事件を参照する。または、2人の射手では、3件のケースがある。しばしば射手を含む個々のイベントの間に、平均7人の人々が死んだ。

[米国の『大量の銃撃』の数は、どのようにあなたがカウントするかに依拠している。]
This data — compiled from Mother Jones; Grant Duwe, author of “Mass Murder in the United States: A History,” and Washington Post research — does not include gang killings, shootings that began as other crimes such as robberies, and killings that involved only the shooter’s family.

ただし、すでに794 vierimesは、808 vierimesに増えている。
242 gunsは、244 gunsに増えている。
124 shootersは、126 shootersに増えている。

2015-12-06---米国全体で、銃の販売が急速に加速している。
2015-12-04---米国、銃器の通販専門チャンネル「GunTV」を開局。
2015-12-03---アメリカの銃について、1968記事がまだ不気味に関連している。
2015-12-02---米国、国内大量銃撃殺戮は2015年12月02日までの336日間で355件。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。