gaYa広告

2015年12月07日

ビザンティン帝国の中で最も大きい業績。

戦争と平和

ビザンティン帝国(Byzantine Empire)と聞いて、どれだけの人が、何かを想像するだろうか?

しかし、今だからこそ!ビザンティン帝国を知るべきである。

Quoraは、ビザンティン帝国が行って、今も続いている最も大きい業績は、ローマの法律のコード「ローマ法大全(Corpus Juris Civilis, the Roman code of laws)」であるという。

それはユスティニアヌス皇帝Emperor Justinianの下で成文化されて、民法の概念に基づくすべての西洋の法律システムの基礎を形成する。そして、それはまた、慣習法システムに大いに影響した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

「ローマ法大全」はアラム語で書かれた後に、それは、圧倒的なギリシャ語の口語体、特に、東ローマ人/ビザンティン帝国コイネーギリシャ人の間の根を取ったまた、「聖書(Biblical)」、「新約聖書(New Testament)」、または「教父のギリシャ語(patristic Greek)」として知られているコイネーギリシャ語(Koine Greek)で書かれた。

たぶん、「シンボル」は普通、イスラム教と不正に結合したイスラム教。Crescentはコンスタンチノープル(Constantinople)の都市のシンボルであった。それがオスマントルコ(Otomans)により征服された時に、それらのシンボルとしてそれを使った。それらはイスラム教徒であり、WW1(第1次世界大戦)、それを出たcontriesの後にそれらの広大な帝国が砕けた時のイスラム教徒であり、前者の帝国のシンボルをそれらの旗に入れた。前者のオスマントルコ帝国(Otoman Empire)からのイスラム教徒の国だけが、それらのシンボルとして三日月を使う。
世界で最も大きなイスラム教徒国インドネシアは、オスマントルコ帝国の一部ではなく、その旗おいてクロワッサンを食べない。

キリスト教とアーキテクチャを除いて、ビザンティン帝国は、書かれた原稿と学者という形で古代ギリシャ語哲学と科学を守ることを思うと必要である。

これらは後でヨーロッパにそれらの方法を見つけて、ルネッサンス(Renaissance.)に燃料を供給した。

この知識は、西文明の基礎を形成することについて、暗黒時代(Dark Ages)の間に失われて、全然ビザンティン帝国ではなかった。

ルネッサンス。1453年のコンスタンチノープルの落下の後に、メフメト2世(Mehmet II)は、すべてのキリスト教徒が都市に平和に住むことができると宣言したけれども、それらのほとんどは、イタリアに移住することを選んだ。
それらは、それらによって、哲学と歴史ではないけれども、新しい方法とスキルの正しい知識を、metalurrgy、彫刻、学者と職人のこの流入のペイント、インクなどのためのミックス・ルネッサンスの中世イタリアビジョンが達成に来ることを可能にしたエンジンであったことに関係させた。

ロシアへの変換と聖人シリルによるシリル・アルファベット(Cyrrillic alphabet by Saint Cyrril)の作成。それゆえロシアの正統性(Hence Russian Orthodoxy)、セルビア正統性(Serbian Orthodoxy)、東方正教(Eastern Orthodoxy)など、これらが少なくとも礼拝の言語として古代ギリシャ言語も守った。

パデュー大学の統計のアナリストであるアンディ・ゼナー10世(10th Andy Zehner, statistical analyst at Purdue University)は、正統性および新しい聖書に加えて、私はこれを追加する:

ビザンティン帝国の宗教(Byzantine Empire's state religion)であった正統キリスト教(Orthodox Christianity)は、東のイスラム教(Islam in the east)と西のカトリック教(Catholicism in the west)の間の正統性の要塞である帝国とえる。

2015-12-06---あなたが聖書を人々に読んで聞かせて、それがコーランであると言う時、何が起こるか?
2015-12-02---シリア空襲、風刺画ISに対する国際的な連携の問題。
2015-10-27---800年前のエンジニアリングのパイオニア、アル-ジャザリとバーヌ・ムーサー。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告