on-the-time.jp

2015-12-07

ルフトハンザ乗客は、コックピットに押し込もうとした!?

戦争と平和スポーツ

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、ルフトハンザ(Lufthansa)の乗客は、「アラーに加わることを望む」と叫び、コックピットに押し込もうとした!?が、セルビアのハンドボールチームは、飛行中にその人を押さえ込み、ガードしたと報告した。

ヨルダン人であるように思われた男の乗客は、申し立てによると彼が飛行機のコックピットに入る恐れがあった後に、フライトに乗る人に打ち勝つ必要があった。

ただし、情報が錯綜している。
コックピットに押し込もうとしたのか?ドアを開けようとしたのか?それとも両方を試したのか?

[AD] You can advertise on this site.

伝えられるところでは、彼が、フランクフルトからベオグラードに飛んでいるルフトハンザ航空機LH 1406のドアをあけようとする前に「アラーに参加することを望む」と叫んだ。

彼は、飛行機のビジネスクラスセクションで、セルビア全国的ハンドボールチーム(Serbian national handball team)を含む乗客にホールドされて、「ガード」の下で押さえつけられた。

ボイボディナハンドボールチームのプレジデントであるミラノジュキッチ(The president of the Vojvodina handball team, Milan Djukic)はイブニング・スタンダード(Evening Standard)に、「まわり 中間でフライト中に、彼が飛行機ドアをあけようとしたけれども、キャビンクルーは彼を止めた。」と話した。

ルフトハンザのスポークスマンであるアンドレアスバルテルス(Andreas Bartels, a Lufthansa spokesman)は、スカイ・ニュース(Sky News)に「乗客は起床し、ドアで何かをしようとしたけれども、クルーメンバーおよび他の乗客により止められた。」
「乗客は彼の座席で残りのフライトのためにそ拘束されて、ベオグラードで当局にわたされた。」
「フライトの安全は危険にさらされず、フライトはベオグラードに安全に上陸した。」と言った。

彼はセルビアの警察に着陸後に逮捕された。

世界中のスポーツマンは、航空機ではガードマンである。

2015-08-21---北のフランスの列車で重装備テロリストをやっつけた3人のアメリカ人!

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.