on-the-time.jp

2015年12月04日

米国人のジョエル・ソロカは、偶然ビートルズと一緒にHey Judeを唄った。

音楽

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、ジョエル・ソロカ(Joel Soroka)達は、興奮してその年に人々とおしゃべりしていたけれど、誰も、実際、ビートルズと会おうとしているという意識を信じなかったと言った。

ジョエル・ソロカは、ロンドンで始まり、ヨーロッパのまわりで1968年の夏を過ごし、ロンドンで終わった。

ジョエル・ソロカは21歳のニューヨーカーであり、彼は、北アメリカをはじめて出たのであった。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

9月初めに、ジョエル・ソロカはエッジウェア道路(Edgware Road)からの朝食付き宿屋に居た。シャワーまたはセントラルヒーティングが全然なく、ジョエル・ソロカ達は朝食のためのまれにベーコンを食べた。

それすべて、ジョエル・ソロカのために新しかった。

1968年09月03日に、ジョエル・ソロカは、郵便物を拾い上げるために、バスでピカデリーの近くでアメリカンエキスプレスに跳び、戻るバスに間に合った。間違いはそこで始まった

魅力的な女性はジョエル・ソロカの隣に座り、ジョエル・ソロカ達はおしゃべりし始めた。

そして、突然に、彼女は、「あなたはビートルズと会いたいか?」と尋ねた。

ジョエル・ソロカは、「Give me a break」のような何かを言った。

しかし、彼女は「No, this is on the up-and-up.」と言った。

彼女はアップルに勤めて、彼女は言い、ビートルズは次の夜それらの新しいシングルのためのプロモーションをフィルムで撮影していた。

彼らは群衆を捜し、彼女はジョエル・ソロカの顔が好きであった。

ジョエル・ソロカは、彼女が言っていた言葉を信じなかった。

彼女はジョエル・ソロカに紙の非公式メモを与えて、ジョエル・ソロカに、次の日1968年09月04日午後4時にビクトリア・ステーションのバス停にいるように命じた。

しかし、それすべては、彼女が言ったとおりであった。

ジョエル・ソロカ達はロンドンから出てトウィッケナム・スタジオ(Twickenham Studios)に向かった。

ジョエル・ソロカ達は、人々と年、興奮しておしゃべりしている誰の混ぜられたバッグもであったけれども、誰も、実際、ジョエル・ソロカ達がビートルズと会おうとしていると信じなかったという意識であった。

ジョエル・ソロカ達が到着した時には、ジョエル・ソロカ達は、明るくされたスタジオに導かれた。

技術の人々は、それに発表されるドラムと機器を持っていたプラットフォームのまわりで機械にかけていた。

ドアは開き、中はビートルズを移動した。

ジョエル・ソロカは、この本当のことが起こっていると思ったか?ジョエル・ソロカ達は、それらが暖まる間干すように命じられた。

ジョエル・ソロカは全体の歓喜の状態にいた。

Beatlemaniacであるにもかかわらず、ジョエル・ソロカは、彼らを生で一度も見たことがない。

彼らはねえジュードを数回した。ジョエル・ソロカ達は、合唱団によって参加し、階段を取り囲むように命じられた。

誰もがそんなに丁寧で、イギリスであったけれども、ジョエル・ソロカは、ジョエル・ソロカのマークを作ると決定されて、従って、ジョエル・ソロカは、ジョエル・ソロカが階段のすぐ近くにいることを確かめた。

そして、リンゴは彼のタンバリンをジョエル・ソロカの近くに下に置き、ジョエル・ソロカは階段に登り、それを拾った。

ジョエル・ソロカは、それらを取りに、一緒に行くことを望んでいたけれども、それらはダースについてした。

いつも、より多くの人々はジョエル・ソロカの階段に参加した。

個々の取りによって、ジョエル・ソロカは、タンバリンにおいてジョエル・ソロカの手を得るので取りつかれていた。

ジョエル・ソロカはちょっとした田舎者であったにちがいない。

ジョエル・ソロカは彼らに自己紹介した。

ポールは魅力的であった。ジョンは皮肉であった。ジョエル・ソロカは彼の発言を思い出す。

「あなたはNYからか?あなたはそこのジョエル・ソロカ達のコンサートに来たか?」彼の皮肉の心においてジョエル・ソロカが答えたこと、「ビートルズを見るのに、いくらお金支払う?」。

ジョエル・ソロカは彼が自分の返答が好きであったと思う。

ジョージは静かであった。

そして、リンゴは恋人であった。

「ジョエル・ソロカをリッチーと呼びなさい」と、彼は言った。

ぼやけていることが終わった後に、ジョエル・ソロカは、友人とパーティーへの朝食付き宿屋に戻り、高く少量であったかもしれないことを強く主張したけれども、それらはリムジンにおいてオフに振られた。

家に帰って、誰もジョエル・ソロカの物語を信じなかった。

しかしすぐ、そのフィルムがTop Of The Pops in the UKだけでなく、Smothers Brothers showに出現した。

そして、そこで、ジョエル・ソロカはいた。

ジョエル・ソロカは現在68歳。

従って、それらは現在まさにジョエル・ソロカは仏の人であるけれども、1968年に、ビートルズは神であった。

誕生するジョエル・ソロカの子供を除いて、それは、ジョエル・ソロカに起こった最も驚異的な事である。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。