2015年12月04日

バイ、バイ、バナナ。バナナが消える日。

食品

米国の新聞「ワシントンポスト(Washington Post)」は、1900年代中期に甘く、クリーム状の種類で、ラテンアメリカで育てられたグロミシェル(Gros Michel )を呼んだバナナが、世界中でもっともポピュラーであった。
その当時、輸出できた世界の唯一のバナナであったと報告した。

しかし、大陸を飛び越した後に、最初1800年代遅くにオーストラリアで、パナマ病気(Panama Disease)として知られている菌類が出た。

病気のため、果実を支えたプラントが衰弱した。

損害はそんなに大きく、ほんの数十年の問題に、グロミシェルがほとんど消えルほど迅速であった。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

今や、半世紀後で、病気の新種は、生み出されて、世界中でローカルに食べられた多くのバナナ変種とともにキャベンディッシュ(Cavendish)が市場の99%を表し、世界のトップバナナ輸出としてグロミシェルに取って代わったバナナの存在に、恐れがある。

そう言えば、昨年末から今年の8月まで、バナナの質が急落し、バナナが落ちてしまうようになった。
しかし、この2〜3週間で、急激にチキータ(Chiquita)やデルモンテ(Delmte)などの有名ブランドが、低価格で良質のバナナを再開した。

バナナに、何かがあったと、気にしていた。

そして、それを止めるための既知の方法が全然ない。または、それを含みさえしなさい。

それは、何かを立証し、多くの農業科学者、真実であることを恐れたPLOS病原菌(PLOS Pathogens)において出版された新しい研究の苦労の結論である。

Worse Comes to Worst: Bananas and Panama Disease—When Plant and Pathogen Clones Meet
Nadia Ordonez ,
Michael F. Seidl ,
Cees Waalwijk, André Drenth,
Andrzej Kilian,
Bart P. H. J. Thomma,
Randy C. Ploetz,
Gert H. J. Kema

Published: November 19, 2015
DOI: 10.1371/journal.ppat.1005197

世界の様々な部分のその死にかけているバナナ植物は、同じ正確な物から損害を被っている。

Tropical Race 4は、多くのより強力な変異で、パナマの病気を恐れた。

特に、研究者は警告し、緊張している。最初、約50年前東南アジアの大破壊をもたらしはじめて、より最近アジアの他の部分に広がった。アフリカ、中東、およびオーストラリアは、結局、ラテンアメリカ世界のバナナの大部分が輸出することに進んで、まだ成長している。

この時に、それは、Tropical Race 4がグローバルなバナナ生産のmothershipを浸透させるかどうかの問題ではない。それは時間の問題であると彼らは言った。

バナナのためにオリジナルの病気およびその最新の並べ替えがそんなに威嚇的な理由は、大量に、私達が果実を洗練した方法の結果である。

世界中で数十の種々の変種が育てられる間、しばしばお互いに近い近接商業的に生み出されたバナナがみんな同じである。まったく文字どおりに実のところが効果的に互いのクローンである。

これはドール(Dole)とチキータ(Chiquita)のような会社を助ける一貫性のためのコントロールおよび欠点を扱う必要があらずに安さの大規模な量のバナナを生み出す。それは、果実がそんなにどこでもスーパーマーケットで見つけやすい理由である)。

しかし、それは、また、それらのバナナを害虫と病気からの攻撃に対して信じられないほど脆弱にする。

あなたが多様性を完全に取り除く時には、あなたは、作物を、それが対処できず、それから自身を防御するために発展するはずがない何かにさらすことを思い切ってやってみる。

ジャガイモ疫病は、どのようにモノカルチャー(monocultures)が逆効果となることができるかの完全な例である。

1800年代に、ジャガイモ農夫は、菌類似の有機体が国に入り、自然な抵抗に全然遭遇しなかった時に逆効果となった単一のジャガイモ一種に感染するために来た。

1846年に、基本的な栄養についてジャガイモに重く依存した国は、そのジャガイモ生産のほとんどを失った。

それは数十万人の人々の死に次々寄与していた。

グロミシェル(Gros Michel)のバーチャルな絶滅も賢い例(apt example)である。

パナマ病の最初の緊張がラテンアメリカに出た時には、それを止めるための何もなかった。

これは、どのように、昨年断片での絶望的な連続を記録したグイン・ギルフォード(Gwynn Guilford)がそれを置いたかである:

全体の大規模農場が失敗したように、結合果実と他は、明らかな選択をした。それらは回復し、他にどこかにラテンアメリカに動いた。

しかし、疫病は続いていた。

それがコスタリカの大規模農場を拭き取った後に、パナマ病はグアテマラに結合果実に続いていた。

それからニカラグアおよびそしてコロンビアと、そしてエクアドル。

1960年までに、それが出現した77年後に、パナマ病は惑星の面のすべての輸出大規模農場の外のグロミシェルを拭いた。

効果は世界中で感じられた。

確かにそれが、「Yes, We Have No Bananas.」と呼ばれる歌を米国で引き起こした。

最新の緊張は再びモノカルチャーのリスクをディスプレイに置きそうである。

そして、平均時間に科学者がよりよいものを見つけることができるか、または繁殖させる間、現実はこの時それであるまわりに、私達は、パナマ病の新種に抵抗力がある恐るべき置換を持っていない。

一度、それがそれに予期されるようにそれはラテンアメリカのためにそれを取るもう一度地球上の最もポピュラーなバナナが消える前に数十年であるかもしれない。

大きい皮肉は、開発された世界のだいたいすべてのスーパーマーケット、バラで現在キャベンディッシュ、バナナが卓越性に独占的にほとんど販売されたことである。

なぜなら、その前任者、それと違ってパナマ病のオリジナルの緊張に抵抗力があったからである。

キャベンディッシュが少しである望ましい物は、他の病気により影響され易く、傷つく傾向を持ち、容易に、または最後にだめになるの前に非常に長い間熟さず、「嘆かわしいほど温和である」ことであり、マイク・ピード(Mike Peed)は2011 piece for the New Yorkerに書き込んだ。

それが、結局けれどもダメで、明日、キャベンディッシュが、この前商業的に生み出されたバナナと同じ運命を被るかもしれないように見える。

従って、必要が全然ないバナナを貯蔵しに行くために、たぶんそれがバナナのタイプではなかったことが、少しクリアになっているけれども、むしろ生産のタイプが変わることが必要であった。

2015-09-13---1回の食事で、バナナを6本以上食べさせると、人は殺せるか?
2015-05-19---バナナと木琴は、約1,200年前ボルネオからマダガスカルに伝わった?
2014-04-28---バナナが人種差別反対のシンボル!「僕らはみんな猿です。」
2014-04-14---世界のバナナに、パナマ病が拡大!被害が甚大の恐れ。
2014-02-20---ニカラグアで、2本のバナナを盗んだとして3人が裁かれている。
2013-06-27---トルコの女子高生、バナナの皮からプラスチック製造に成功。
2013-03-27---バナナが主食になるウガンダは、遺伝子組み換え、黄金バナナを開発!
2012-12-02---フィリピンを襲った超大型台風の衛星画像!バナナは大丈夫か!?
2012-11-08---20年間続いたバナナ戦争が終戦!
2012-10-31---世界規模の温暖化で、バナナはジャガイモと交換できた!
2011-07-05---バナナの驚異!飢餓を助けるのはバナナかもしれない!
2009-09-16---パプアニューギニアのバナナ・セックス・カルト教団教祖捜査!
1872-00-00---アイダホ・ポテトが産業になった。
1861-00-00---イザベラ・ビートンが、1862年に出版された本で、ジャガイモについて書いた。
1850-00-00---ジャガイモを人間のためではなく、動物の飼育用の餌と考えていた。
1845-00-00---ジャガイモ栽培が病的になり、「すばらしい飢餓」が起こった。
1836-00-00---有名なアイダホではジャガイモが栽培されていなかった。
1786-07-28---最初のジャガイモが、イギリスとアイルランドに届いた。
1785-00-00---フランスの軍事化学者が、ジャガイモの栽培でルイ16世を説得した。
1774-00-00---ロシアの農民は、1700年代の半ばまでジャガイモを拒否した。
1771-00-00---フランスの軍事化学者が、飢饉の災難を救えると訴えた。
1719-00-00---1600年代中期に、ジャガイモが米国に渡った。
1633-04-10---イギリスで始めてバナナが展示され、発売された。
1600-00-00---ジャガイモが、フランスとオーストリアに渡った。
1597-00-00---作者ジョン・ジェラードがジャガイモに関する本を執筆した。
1589-00-00---イギリスの探検家ウォルター・ローリー卿が、ジャガイモをアイルランドに持ってきた。
1588-00-00---ペイン艦隊の船が漂着し、アイルランドにジャガイモが伝わった。
1587-00-00---ジャガイモが、ベルギーとドイツに渡った。
1585-00-00---ジャガイモがスペインから、イタリアとイギリスに渡った。
1565-00-00---探検家ケサダは、金の代わりにジャガイモをスペインに持ち帰った。
1540-00-00---「ペルー年代記」で、世界で始めてジャガイモについて記述した。
1532-00-00---スペイン人の征服者、最初にジャガイモに遭遇。
-8000-00-00---南米のアンデス山脈に住むインディオがジャガイモの栽培を始めた。
-0500-00-00---ペルーとチリのインカ古代遺跡で、ジャガイモを育て、食べていた。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。