2015年11月09日

壮大なフライドポテトの調査。あなたは、チップがどのように好きか?

食品

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、新しいガーディアン・シリーズとして、世界中からの読者が食事について私達に話してほしいと言ってきた。

読者の反応から、食物マップを生成する。

それを『à la cartography(/ア・ラ・カルトグラフィ)』と呼ぶ。

その最初が、控えめなフライドポテトである。
見えない境界はイギリスの国土を通って切り取られれる。

この壮大なフライドポテトの調査の最初結果が、2015年12月04日に、はじめて紹介された。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

南北不分割とイギリスとスコットランドの境界けれどもBathgateとBo’nessを走り抜けている神秘的な子午線。

あなたはそれを本当のウェスト・ロージアン問題(West Lothian question)と呼んでもよい。

どこ塩を持つそれらのチップ、およびそれらが西にし、代わりに「salt’n’soss」によってそれを好むこととしての酢で食べているスコットランドの人々のこのエリアは、古いグラスIrnBruボトルから流れ出る麦芽酢と混ぜられた茶色のソースにつかったエジンバラ・スタイル。

ヨーロッパはこれらの意外な料理牧草地ラインでいっぱいで、何も控えめなフライドポテトほど正確な占い棒ではない。唯一の成分が中心的なアメリカから大陸に到着したかもしれない料理。けれども19世紀にファッショナブルなフランスやベルギーのレストランのキッチンで養育されてグローバルな評判になった。

そうか、アメリカの食音痴は、鮭と鱈とウイスキーの国スコットランドの人々が原因であったか、それもフランスやベルギーのレストランで洗練されて、世界に出て行ったと言うことであったのか!

オランダ、マヨネーズの見ているパルプ・フィクション(Pulp Fiction)の後に、全体の世界が知っていることとして、それらはフレンチ・フライにおいて「それらは、ファッキンに溺れる(they fuckin’ drown)」。しかし、それは物語のほんの半分である。

オランダのいくつかの部分では、マヨネーズのより甘い形fritessausがよりポピュラーである。

ドイツの国境の近くのNeedeとGlanerbrugからの、タマネギとカレー粉入りマヨネーズ「Joppiesaus」があいさつ死、顔を出す。

そして、国の部分では、マヨネーズは、pindasausまたsatésausとして知られているインドネシアスタイルのサテソースに道をあける。

patatjeoorlogまたは「war chips」は、2つの伝統を結合し、切り刻まれたタマネギを余分に投入する。

2003年に、ロッテルダムの岬バーディアン調髪師(Cape Verdian hairdresser in Rotterdam)は、patatkapsalonについて、近くに住んでいるスタイリストと協力した。チーズによりカバーされた串焼き肉と同様であるshawarmaとサラダ入りチップ。

この料理は、オランダの国中いたるところで今や見つけられる。

国境を渡ってドイツのルール谷(Ruhr valley)に動き、別の妥協案は、チッピー・スタンダード(chippy standard/チップスの標準)になった。
Pommes rot-weissまたはPommes Schrankeとして知られているマヨネーズを持つフレンチ・フライ、および障壁を交差した後に名付けられたケチャップ。

チェコ共和国とスロバキア、たっぷりの油で揚げられた何のさらに東でもtatarskaomačkaまたはタルタルソースで飾られたマヨネーズは、切り刻まれた塩に漬けられた小形キュウリとタマネギと混ざった。

ブルガリア人レイヤーでは、きしんだ白い塩水チーズに入ったチップをsireneと呼んだ。

スペインが、ニンニクを特徴としているマヨネーズpatatas aioliをかけるる。または成分が領域から領域に変わるスパイシーなソースのpatatas bravasをかけるる。

通常、小麦粉、タマネギ、およびとうがらしで作られて、ブラーヴァ・ソース(bravas sauce)は、トマト、酢、およびスパイスも、ブルゴスの古いグルメの中心に含められている。

カタロニア(Catalonia)では、いくつかのタパス・バー(tapas bars)がbravas de aquíとbravas de alláを区別する。
ここからのブラーヴァと、他の場所からのブラーヴァは、スパイシーなトマトとマヨネーズの通常の混合物として、アイオリ(aioli)とトウガラシ(cayenne pepper)で、前者に後者を供給されている。

これらの意外な香辛料赤道のどれもあなたの普通の陸地測量マップ(ordinary Ordnance Survey map)に出現しない。

これが、新しいガーディアンの規則的なシリーズを始める理由である。

私達に、この記事の形において、私達がいくらかの重要な地域食物傾向を今週の主題に逃したかを知らせる。

ザジキ入りチップ(chips with tzatziki)は、本当にギリシャの物であるか?
快くイタリアとフランスのチップ店がボートを出す限り本当に塩からいか?
行ないバーミンガム人がケチャップのカレー・ソースを好む理由、それらのフィッシュ・アンド・チップスの酢、またはタルタルソースは、2014年の調査が見つけたのではなかったか?

あなたの領域のチップ好みを私達に話してください。そして、トマト・ケチャップを越えよう。

週のコースの上で、ガーディアンは情報を収穫する--金曜日までに、私達は、説明されたマップを生産する。

2015-12-04---ヨーロッパのどこにでもあるチップス。そのトッピングは、すべて邪道!
2015-11-23---どのように、マクドナルドのフライド・ポテトは作られるか?
2015-09-17---ジャガイモに切手を貼った手紙は、郵便で届くか?!
2015-08-18---なぜ、アメリカ人は、棒付きの食い物が好きなのか?
2015-08-08---ウィリアム・シェークスピアと麻薬。
2015-04-13---温暖化でイギリス名物「フィッシュ・アンド・チップス」危機!
2014-12-07---「フレンチフライ(French Fry)」なのに、ベルギー市民らが世界遺産運動。
2013-04-10---「大麻マヨネーズがけフライドポテト」新発売。
2012-10-31---世界規模の温暖化で、バナナはジャガイモと交換できた!
2012-05-24---自炊すると寿命が延び、外食すると寿命が---
2012-05-10---シェークスピアの消えた作品を回復している。
2012-04-25---シェークスピアのゴーストライターは誰か!?
2012-03-03---世界初のコーニッシュ・パスティ・チャンピオンシップが開催された。
2012-02-27---阿片の国アフガニスタンのシェークスピア!
2012-01-03---バイロンは、ダイエット狂のアイコンで、マニア!?
2012-01-01---世界初のコーニッシュ・パスティ・チャンピオンシップが開催される。
2011-11-24---医者はシェークスピアを読め!
2011-11-23---食品科学者は、宇宙での感謝祭について、議論する!
2011-11-16---ピザは、野菜に見えますか?米国の下院共和党員はピザを野菜と主張
2011-07-05---バナナの驚異!飢餓を助けるのはバナナかもしれない!
2011-06-28---シェークスピアは大麻吸引常用者だったのか?
1872-00-00---アイダホ・ポテトが産業になった。
1861-00-00---イザベラ・ビートンが、1862年に出版された本で、ジャガイモについて書いた。
1850-00-00---ジャガイモを人間のためではなく、動物の飼育用の餌と考えていた。
1845-00-00---ジャガイモ栽培が病的になり、「すばらしい飢餓」が起こった。
1836-00-00---有名なアイダホではジャガイモが栽培されていなかった。
1786-07-28---最初のジャガイモが、イギリスとアイルランドに届いた。
1785-00-00---フランスの軍事化学者が、ジャガイモの栽培でルイ16世を説得した。
1774-00-00---ロシアの農民は、1700年代の半ばまでジャガイモを拒否した。
1771-00-00---フランスの軍事化学者が、飢饉の災難を救えると訴えた。
1719-00-00---1600年代中期に、ジャガイモが米国に渡った。
1600-00-00---ジャガイモが、フランスとオーストリアに渡った。
1597-00-00---作者ジョン・ジェラードがジャガイモに関する本を執筆した。
1589-00-00---イギリスの探検家ウォルター・ローリー卿が、ジャガイモをアイルランドに持ってきた。
1588-00-00---ペイン艦隊の船が漂着し、アイルランドにジャガイモが伝わった。
1587-00-00---ジャガイモが、ベルギーとドイツに渡った。
1585-00-00---ジャガイモがスペインから、イタリアとイギリスに渡った。
1565-00-00---探検家ケサダは、金の代わりにジャガイモをスペインに持ち帰った。
1540-00-00---「ペルー年代記」で、世界で始めてジャガイモについて記述した。
1532-00-00---スペイン人の征服者、最初にジャガイモに遭遇。
-0500-00-00---ペルーとチリのインカ古代遺跡で、ジャガイモを育て、食べていた。
-8000-00-00---南米のアンデス山脈に住むインディオがジャガイモの栽培を始めた。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。