on-the-time.jp

2015年12月03日

立ち上がったモバイル銀行Number26は、ヨーロッパで6カ国に拡大。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、ドイツの会社Wirecardが組むモバイル-ファースト銀行Number26は、ヨーロッパのフットプリントを増大させて、申し出の「悪いユーザー経験と高値をつけすぎられた小売りの製品」のため追加の市場が選ばれると伝えていたと報告した。

新しい追加分は、フランス、ギリシャ、アイルランド、イタリア、スロバキア、およびスペインである。
Number26は今年早くオーストリアとドイツでスタートした。

Number26は、それ自身の利益のための伝統的な銀行モデルを粉砕しようとしているヨーロッパのまわりの多くの会社のうちの1つである。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

その支払いカードを国際的に使うための料金を全然含まない
アカウントまたは進行中の登録を開くためのチャージがない『フリー銀行(free banking)』が、そのアイデアの間にある。

さらに、ユーザーは、振替に続いている即時の押し通知書を受け取り、お金をテキストと電子メールで友人とファミリーに送ることができる。

サービスのためのサインアップも直接的である。ユーザーがNumber26担当者にオンラインでそれらのパスポートを示すビデオチャットを経る。

会社は主要な機会を見る。なぜなら、それは、伝統的な銀行が顧客への提供サービスが悪いと信じるからである。「私達が、入ることを選んだ市場は、現在悪いユーザー経験の完全な例であり、小口金融製品に高値をつけすぎた。」と、CFOで、創立者のマクシミリアン・タイエンタール(Maximilian Tayenthal, CFO and founder)が言った。

Number26のパートナーはドイツのWirecardである。それは、銀行預金口座を装備しているマスターカード支払いカードの発行人である。

ドイツの会社は、別々に、先週、恩恵と呼ばれるNFC-ベースの販売時点支払いサービスをスタートした。

Wirecardは、そのNumber26、および愉快な「 2つの種々の製品であり、結合できない」と、Mobile World Liveに教えた。

イギリスのアトム銀行(Atom Bank)とタンデム銀行(Tandem Bank)を含めていて、最近スタートした他のモバイル-ファースト銀行の洪水があった。多くのライバルと違って、ヨーロッパ広範囲企業を建てるために、Number26が見ている。

確かに銀行の振り替え手数料が銀行は高すぎる。
インターネットで、テキストと電子メールを使えば、振替は安価で実現できる。

テキストと電子メールお金を動かして、いくら取れる?あなたのメールはいくら?
何で、それなのに何100円も払う?

すべて、金融庁のお馬鹿が理解できていないから、国民は泣いている。

現状の銀行を叩き潰そうという考えは、発展途上国で急増している。

銀行の場合海外だと手数料がさらに高くなったり、振込金額でも高くなる。実際にはテキストと電子メールを使えば、ほとんど無料で実現できる。

日本の場合は、金融庁の頭が硬いのかもしれない。

これでは、オアシが止まり、お金が死ぬ!
お金はサメやマグロのように動いていないと死ぬ!

銀行で貸し付けも渋り、手数料で食っていこうとするから、金利も低い。

世界はすでに動き始めているが、日本は止まっている。どうしたかの方針も無い。

2015-11-25---Wirecard支払いサービス「boon」の開始で、パートナーを探す。
2015-06-29---Wirecardは小売店にプラットフォームを売り込む。
2015-06-15---ドイツのWirecardは、アップル財布をサポート。
2015-01-27---モバイル銀行Number26は、好意で数が加算すると言う。
2013-11-10---Wirecard、新しい「Orange Cash」をフランスで着手。
2013-04-04---ドイツ・テレコムはモバイルペンイメント・パートナーを並べた。
2012-08-14---ドイツ・テレコムは、モバイルペンイメントでWirecardに署名した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告