2015年12月04日

ヨーロッパのどこにでもあるチップス。そのトッピングは、すべて邪道!

食品麻薬とメディア人物

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、ヨーロッパのどこにでもあるチップス。それらがどのように好きであるか?
何をトッピングするか?
先日、私はドイツとパリで食べたとき、ほとんどが塩とマヨネーズ、ケチャップであったことから、それを主張したら、オーストラリアに行っている娘が、邪道だと言ってきた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

「ガーディアン」は、みんなに何をトッピングするのが好きかを尋ね。
Chips: what do you put on yours?

その返事をマップに落としていった。
Chilli, garlic sauce, chip spice or paprika
Brown sauce or ‘soss’ or burger sauce
Tartar sauce or salad cream
Mayo
Cheese
Gravy
Ketchup
Local oddities(described)
Salt and vinegar
Curry sauce

私がまた、判らないものまで登場した。
*Fritsaus: vaguely bearnaise-like sauce. Frietje Stoofvlees: chips with beef stew
Frietje Waterfiets: with two sausages and garnish arranged to make it look like a pedalo (waterfiets = water bicycle)

最後の見た目はpedalo (waterfiets = water bicycle)と言うのまである。

しかし、本道はやっぱり、塩とマヨネーズかケチャップ!または両方!である。

チップス(Chips)と言うのはイギリスで、ヨーロッパはやっぱり、Fritか、ポン・フリッツ(Pommes Frites)、ポメス(Pommes)

2015-11-09---あなたは、チップがどのように好きか?

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。