2015-12-03

イギリス議会議員によるシリアを爆撃するための投票結果。

政治

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、イギリス議会議員は、シリアのイIS(Islamic State/イスラム国家)に対する米国に導かれた連立空襲に参加するために投票したをしたと報告した。

政府は反対の223と賛成の397の投票で、イギリス議会議員は、『賛成』投票した。
またインタラクティブ・マップで、賛否の地域をブラウズできる。

日本でも国会議員の投票結果を国民の代表として、明らかにすべきである。

選挙のときは、大騒ぎするが、議員投票は、議員任せでは国民は次の選挙への対応が異なってくる。

どこの誰が、何に投票したかは、重要な選択の目的になる。

されに、+/-ボタンを使って、選挙区まで選ぶことができる。または検索フィールドを使うことができる。

スピーカーおよび彼の3人の代理人が投票できず、一般に補欠選挙のためオールダムウエスト(Oldham West)とロイトン(Royton)の議員が全然ないことが言及されるべきである。

北アイルランドは地図の作成制限のため含まれなかったけれども、soこには北アイルランド有権者のための結果で故障があった。

日本の選挙は、政治家の行動を明らかにしていない。

これでは、民主主義とは言えない。
今の日本の政治家は、民主主義を誤解している。

当然だが、このデータを利用した場合、選挙中でも選挙違反にならない。

立法府での政治家の意思は、国民が知る権利がある。