2015-12-03

ビートルズのRubber Soul(ゴム魂)は50年。

音楽言語

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、女の子のようなトラックによって、独力で考えだされたビートルズの6番目のスタジオ・アルバム「Rubber Soul(ゴム魂)」が50年を迎えたと報告した。

「Think for Yourself and Norwegian Wood」は、50年経っても新鮮であった。

「Sergeant Pepper」は1970年代に成長し、長い影をビートルズ・キャリアだけではなく、ポップの全体に影響を与えた。

振り返ると、ほんの20年のロックンロールによって、それは打ち勝ちがたい業績と考えられた。
1990年代と「Pepper's crown」への早送りは、曇った。最も頻繁に引用されたビーチ・ボーイズのペット音によって、投票において、ますます多くの「かつてのベスト・アルバム」は、現在になって「リボルバー(Revolver)」が、ビートルズのピークと考えられた。

ホワイト・アルバム(The White Album)niより、1968年に解体されたデジタルの時代は、統一感があって、現在しばしば賞賛が取る。

たぶん、それはすぐ、Be回転に貸される。

すべて、Rubber Soul(ゴム魂)は、厳しい。

1965年遅くのメロディメーカー(Melody Maker)deインタビューしたビートルズは、「comedy songs」がそれらの新しい方向であると明らかにした。

いつも、それらの歌を走り抜けているユーモアのすじがあったので、これは次に明白ではないけれども、最も大きい手掛かりは、「Drive My Car」のオープンにある。

それは「punchline」を持っていさえした。

ミッシェル(Michelle)が率直に陽気(frankly hilarious)、a baguette-and-beret pasticheであること、数年早く、どこにも実際のフランス言葉なしで、正しいフランスノイズをマッカートニーが書いた。

こうなってくると、もう日本人には手に負えないのに---

こっけいな「I want you, I want you, I wa-a-ant you … I think you know by now.(私はあなたを望む、私はあなたを望む、私はあなたをの・ぞ・む…私はあなたのことを考えると、今ごろ知った。)」が特にそうである。

偽の大陸音を持つ別の歌がthe Weimar-esque Girlであったこと、および「Third Man theme, though lyrically」。けれども叙情的で、それが全然あまりおかしくなかった。

「Girl is a rich girl put-down」とマイク・ダアボ(Mike D'Abo)の「Handbags and Gladrags」と同様であるけれども、指振り、それ完全に使い果たされたアプローチを選択する。

レノンは必死に聞こえて、規則の見慣れないセットを持つゲームでつかまえられる。

はっきりと、彼らはこれ以上女の子を「the Cavern or Iron Door」から掲げていなかった。

ジョージ・ハリソン(George Harrison)の女の子は、クールけれども、凶暴なような歌において「Maureen Cleave」、「Edie Sedgwick」、または「Pauline Boty」のように、あなたが注意を払われること「Think for Yourself」および「Norwegian Wood」後者において、グループはスカンジナビアの家具が恐ろしくエキゾチックなのを発見し、これは、しかめている声配達、およびハリソンのまったく外国のシタールラインに反映される。

Rubber Soul(ゴム魂)の異国風は、まだマージサイドにより接地されているので微妙である。

しかし、ここまで来ると、もう日本人はお手上げで、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)とヘザー・ミルズ(Heather Mills)が離婚して以来、7年が経ったけれども、時間がいくつかの傷を癒さなかったようで、彼女は、「ポール・マッカートニーは、音痴の詩人!?」といっている。

ましてや大阪の道頓堀でチンピラだった、ポール・マッカートニー・ファンという和田アキ子や小倉智昭が、この違いを判るとも思えない。もしかするとアメリカ人にもイギリスのフランスなまりの英語や「comedy songs」が判らなかったかもしれない。

そう言えば、シェークスピアの初版を持っていると自慢する大学もあるが、当時の英語が理解できるのだろうか?
以前、ビル・ゲイツがグーテンベルグの42行詩聖書を購入したが、あの誤植まみれの聖書が読めるのか、ヨーロッパの古書界を混乱させただけの投資だろうと言ったこともある。慶応大学も丸善がオークションで落札したグーテンベルグの42行詩聖書を購入したが、全2巻の1冊だけでは---実はマインツのグーテンベルグ博物館も42行詩聖書の第1巻だけを持っていたが、マインツ郊外の納屋から、偶然第2巻が見つかり、大騒ぎになったとき、何人かの人が泣いて喜んだという。
しかし、それを読むことは、大変なことで、復刻版の安い本を何種類か購入して読む方が、価値のある研究で、本物を持っていると自慢する大学は、低俗な金持ちの道楽に過ぎない。
そのようなコレクターを書誌学者とは呼べない。

そう言えば、オペラも判らなかったので博士号を持っているドイツ人の友人に聞いたら、彼も判らないと言っていた。

2015-09-21---ジョン・レノンの最悪!障害者を馬鹿にしたビデオを障害組織が指摘!
2015-09-03---聖書の中で、結婚はどのように規定されているか?
2015-08-08---ウィリアム・シェークスピアと麻薬。
2015-07-20---ポール・マッカートニーは、音痴の詩人!?
2015-05-14---インドの森で、ビートルズに何が起こったのか?
2014-11-26---シェークスピアのフォリオ版が、フランスの図書館で見つかった。
2014-01-29---ラテン語、古英語、サンスクリット、古典ギリシャ語など、古代語のレッスン!
2013-06-27---NHKは英単語の使用法で訴えられた。
2012-09-26---英国語法とアメリカ英語の英国人化。
2012-04-25---シェークスピアのゴーストライターは誰か!?
2012-02-27---阿片の国アフガニスタンのシェークスピア!
2011-06-28---シェークスピアは大麻吸引常用者だったのか?
1987-10-22---グーテンベルグ42行聖書を丸善が落札した。