2015-11-29

警官憎悪クエンティン・タランティーノ。

犯罪と裁判

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、警官憎悪クエンティン・タランティーノ(Quentin Tarantino)が、丈夫な男であることについては、ロサンゼルス郡刑務所(Los Angeles County jail)にいたときの数10年間を見れば、明らかになると報告した。

それは「パルプ・フィクション(Pulp Fiction)」である。

1つの問題として、ロサンジェルス郡保安官事務所(LA County Sheriff’s Department)は、映画製作者のレコードに全然ずっとそのシステムに記録がない。ポストの要求で、部門はタランティーノの1980年を通じてそのファイルをかえし検索すれば、彼は拘置されていたであろう。

「ロサンゼルス郡保安官の部門刑務所レコードのチェックは、これまでタランティーノが私達の刑務所システムに拘置されたことがあるという証拠を全然明らかにしなかった。」と、保安官のオフィスのキャプテンであるクリストファー・リード(Capt. Christopher Reed of the Sheriff’s Office)は言った 。

アラブ人と日本のやくざについて、話したことがある私の知人は、刑務所は入ったことがないものには、刑務所は判らんと言っていた。

タランティーノは彼の無法者誠実の証拠として物語を話したものであった。しかし、「ビルマーヘルを持つリアルタイム」の最近のエピソードにおいて、現在52歳のタランティーノは、警察抗議者と団結を要求するために、再びそれを物語った。彼は、警官で脅えるようにそれが意味しているものを理解している。

「私が20年代に、割れた時にバックするかどうか。私は、警官に少し脅えたか?」とタランティーノは、マーヘルに話した。「および しばしば、決して私が世話しなかったこととすべての交通材料のために私において私が許可書を取り除かせた。私は止められて、私は郡刑務所で8日間いる必要がある。」

投稿は、タランティーノのエージェント、弁護士、広報係、およびハーヴィー・ワインスタイン(Harvey Weinstein)を呼び、メールするのに週を費やした、、近く発表される監督の映画「The Hateful Eight」を誰が製作したか。

ポストのため、ボイス・メールもタランティーノの個人的な電話回線に残留した。誰も問い合わせのうちの何にでも反応しなかった。

発芽フィルムオタク(budding film geek)として、タランティーノは、5年間ロサンジェルスのビデオアーカイブレンタル店で働いた。彼の創世神話への物語キーである。

マーヘル外観において、彼は、彼が1年あたりほんのUS$10,000を得たので、彼が彼の交通違反切符を支払うことができなかったと言った。

私は以前、警察がアンケートを一般から集めたときに、そういうアンケートは警察関係がすべきではないと言ったことがある。
その根底に警察という概念から答えが全体のアンケート結果に含まれると、危険な数値が一人歩きし始めると指摘したことがある。つまり、アンケートだから正しいという「アンケートのパラドックス』が、発生する可能性が急増する。
実は、アンケートほど、操作しやすいものは無い。

とくに、米国のアンケートはスポンサー付きが多く、そのスポンサーに有利な結果に操作されることが多い。

2015-10-24---抗議者は、警官による殺害の数日後に、NYPDへの冷笑から離れてはじく!
2015-09-27---クエンティン・タランティーノは、Netflixの考えを拒否!
2014-07-30---ハリウッドの映画監督は、フィルム製造工場を保存。
2014-01-28---クエンティン・タランティーノ監督は、Gawkerを訴えた。