2015-11-29

イスラム過激派組織「IS」の訓練は、金玉を蹴り上げる!

戦争と平和教育

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」の訓練ビデオは、金玉を互いに蹴り上げ、馬跳びをするのを見せると報告した。

「IS」は、彼らのトレーニングキャンプが、破片セルをセットアップすることを望んでいるアフガニスタンとパキスタン地域にあったと主張する。

新しくリリースされたIS訓練用ビデオは、jihadist闘士が防金玉をお互いに蹴り、馬跳びをするのを見せる。

14分映像は、交戦するグループのトレーニング政権に洞察を与える。

樹木が茂ったエリアの草深い開拓地で約20人の新メンバーがトレーニング運動を実行するのが見られる。

個々の戦闘員は、「IS」フラグの後にデザインされた黒いバンダナとヘアバンドで同一のネービーブルーの軍服、灰色のカムフラージュを着ている。

それだけでなくで、それらの胸の石によって腹筋運動をすることによって、新メンバーは、たぶん、それらの持続を高めるために、インストラクターにそれらの腿と金玉を蹴られる。

1つのクリップにおいて、戦闘機はカラシニコフ突撃銃でトレーニングする。

後で、互いの肩の上でそれらが弾むのが見られうる。

前のビデオで、通る燃焼輪「IS」戦闘員飛躍がビデオを休む。

グループはビデオのトレーニングキャンプを要求する。彼らが、破片セルをセットアップすることを望んでいるアフガニスタンとパキスタン地域であった 。

「IS」によりリリースされた前の宣伝ビデオは、テロが子供ダビングjihadistの「子」についてキャンプを訓練するのを見せた。

それらは「聖戦の学校」も示した。そこで若い少年はイスラム教徒イデオロギーについて教育される。