2015-11-29

より多くの女性を政府に入れる時に起こること!

政治経済

米国の雑誌「TIME」は、カナダでジャスティン・トルド(Justin Trudeau)が首相に就任し、閣僚の半分を女性にしたことで。2015年11月04日水曜日の各新聞でヘッドラインを掴んだため、それで起こることを2015年11月05日に紹介し、それを再紹介してきた。

ジャスティン・トルドの説明は、簡単な説明として、「それは2015である。」ということによって、決定を正当化したという。
この動きにより彼は勝ち取られた国際的な賞賛と、少しの数を超えて気絶させた。

カナダは、政府の処置を女性の増加表現に持って行く最初の国ではない。最も多くの女性の議員を持つ国は、教育や労働力参加などの問題の主要な大また歩きをし、出発が支払われる。

下の国のうちのそれぞれは、議会または最低50%女性である省を持っている一方、女性は、米国議会でほんの19%、およびオバマの15人の閣僚のうちのほんの4人だけである。

「私達は、舵輪で、会社より、より多くの重さが天秤でジェンダーが量られたリーダーシップチームを持つ会社が、人だけとかなり性能が優れると知っている」と、重さが天秤でジェンダー量られた企業を建てることを中心に行うコンサルティング会Twenty firstのCEOアビバー・ウィッテンベルク・コックス(Avivah Wittenberg-Cox, CEO of Twenty)は言う。

「これはなぜ国レベルでいっそう多くの真ではないか?」ここには、様々なレベルの米国より性能が優れている政府のたくさんの女性を持つ国の少しの例がある。

スウェーデン(Sweden)
スウェーデンの省は女性が52%であり、それらの議会は43%が女性である。少しの驚きもも、スウェーデンが働く女性のための天国の例として規則的に持ち上げられることがあるはずがない。
それらの公益は、両方の人と女性が働き、寄与している家、およびそれらが持っているE.U.での最も高い女性の雇用結果、および大部分で、最も低い子供貧乏デュアル収入ファミリーを仮定する。
両方の両親は、それらの収入の80%および均一料金の残りで支払われる。その出発の13ヶ月によって、カップルとしての分割ファミリーの出発で、16ヶ月の支払いを与えられる。

米国方針は、支払われたファミリー出発の不在は女性とファミリーのための巨大なストレスを起こし、しばしば女性を労働力として、まったく落伍する気にさせる。
米国のジェンダー問題である。

ルワンダ(Rwanda)
ルワンダの議会は、列国議会同盟によると、および悲劇の理由のために約64%女性である。1994年に大量虐殺のため国が別個に引き裂かれた後に、ルワンダは、フツ(Hutu)族とツチ(Tutsi)族民族の間の流血において数千人の人が殺されたので70%女性であった人口によって自身を見つけた。虐殺の前の国の780人の裁判官で、ほんの20は残存した。
ハーバードケネディ学校(Harvard Kennedy School)によると、大量虐殺の前に、女性は議会議席のほんの10%から15%までを保持したけれども、そんなに多くの人の虐殺により、ルワンダの女性が迅速に充填したパワー真空が作成された。
たとえそれがどんなに不幸に発生しても、新しい女性の法律は、女性が、土地および開いている銀行預金口座を所有していることを可能にしている法律を承認するのに役立っていた。
すべての政府役割でその30%委任されて、割当ては2003年に導入されて、女性のために確保されて、女性だけがこれらの女性だけの議席に賛成の投票をできる。
適当に、それは、利点を感じた女性である。

ルワンダは現在、サブサハラ砂漠アフリカの他の国より母死亡率を持ち、クリントン財団のどのシーリングレポートにおいても引用されなかった国際労働機関データの場合の米国の女性の57%に比べて女性の87%は労働力にある。

フィンランド(Finland)
フィンランドはいつも女性の表現の他の国の前にあった。それは、女性が、議会に賛成の投票をし、立候補する無制限の権利を持っていた世界で最初の国のうちの1つであった。
そして、いつも政府が最もより多い女性の表現を持っていたという事実から、フィンランドの極めて進歩的な方針を分離することが困難な間、それらの方針はまた、必ずしも政府のフィンランドの女性の影響に直接帰されえない。
そう、あなたがすると、これらの2つの事実がある。フィンランドの省が女性の62%であり、それらは、どうにかして、新しい金本位制であるかもしれない公立の教育システムを作成する。

PISAによると、それらは学究的に優秀のトップの近くで一貫して迷った国際的な規格化されたテストで、遠いフィンランドの学生は、すべての学究的なエリアの米国、イギリス、およびロシアからの学生より性能が優れている。

まだ、フィンランドの学校はめったにテストを規格化せず宿題、支払いの上の遊びを強調する。それらの先生うまく、誰もが公立学校に行く。

現在、世界に住むために最もよい場所としていくつかによりランク付けされた国が、スターの教育、寛大な支払われた出産休暇、および重く助成金を与えられていた子供に、社会にハード的に組み込まれていて気にさせる。

そして、政府の永久的な据え付け品としての女性は、あなたが望んでいるどのような結論でも引き出すことができる。

「政府は、彼らを選ぶ人々を表していることは意図されている」とウィッテンベルク・コックスは言う。

「それなのに、女性利益政治権力であるひどく扱うと--教育と持続可能性への子供世話と生殖に関する権利から、それは、ほんの1回、『柔らかい』と考えられることで服従させている。」

悲しげに、これらの国はまだ野宿者である。世界的で、議会は女性のほんの22%であり、女性が政府の10%未満を作る37の国がある。

しかし、もしこれが、女性がより均等に表されている国の一握りにおいて起こることであるならば、もし他のリーダーがトルドーの例にならったならば、起こるかもしれないことを想像しなさい。

私は昔から、女性が政治をすべきだと考えている。
とくに、男性の場合、最初にじじむさい臭いを感じ、政治向きでは無いと感じ、とくに武力ではなく、平和は女性の母性本能である子供を守る意識が、国家を安定させると感じている。

21世紀になって、武力の時代ではなぃ。資本力ではなく。消費が中心になり始めた。
それが明らかなのに、中国は暴力的、侵略的な中国国家主席習近平(习近平/President Xi Jinping)の登場で、経済や国際的信用を無くしている。

本来政治家は、中性であるべきと言える。

しかし、それが不可能なら、男性から女性に移行すべきであり、日本でも先の総裁選の野田聖子衆議院議員が立候補しかけて断念したときに、がっかりした。

2015-10-19---カナダ、10年ぶり政権交代。野党自由党が勝利。
2015-10-19---ロシアのプーチンに勝てる首相がカナダで生まれたかもしれない。

Related Dates