2015-11-22

テキサスの新幹線プロジェクトは、US$40億。

未来経済観光

日経新聞英語版Nikkei Asian Reviewは、問題に精通した人々によると、JR東海の技術的な財産を基にし、米国のテキサス州で高速な鉄道を開発するプロジェクトは、約US$40億プロジェクトとして、ローカルなビジネスを実現しようとしていると報告した。

募金キャンペーンを通じて、プロジェクトは、仮定された全体の建設費のUS$120億の3番目について守る。JR東海として知られているCentral Japan Railwayは数百万以上を投資できた。

考察された高速鉄道は、JR東海の主力の改造されたバージョンを実行する必要がある。
ダラス(Dallas)とヒューストン(Houston)の間の約400kmをN700シリーズ新幹線を走らせる。国のお金で出資されるほとんどの他の高速鉄道プロジェクトと違って、テキサスベンチャーは民間部門のため完全に資金提供されている。ローカルに資金提供されたテキサスの中心的パートナーは、ルートを設定し、必要な土地を取得することについて責任がある。

ダラスととヒューストンであれば、ロケット部品を安全に輸送でき、宇宙飛行士も新幹線で、通勤できる。

テキサス中心的なパートナーは、建築を始めるために2017年までに新しい会社を設定することを計画する。それは、2021年までにルートを開くことを望む。建設費の残りが借金によりカバーされることは期待されている。テキサス中心的パートナーは、すでにローカルな会社および他のパーティーから約7300万ドルを上げていた。

そう言えば、Texas Tribuneは2014年08月18日に、新幹線特別レポートを公開し、新幹線のすばらしさを紹介している。

今、新幹線が海外で走っているのは、台湾である。

新幹線なら、牛も運べる。さらに、飛行機は連結できないが、新幹線なら16輛でも連結できる。

高速でロケットを1回で運べる。

以前、サウジアラビアが、日本に石油を売ってやるので、新幹線を無料でプレゼントしろと行ったことがあり、日本は断った。