2015-11-26

ホルボーン駅だけは、ロンドン地下鉄エチケットを廃止した。

犯罪と裁判美容と医学の科学

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、ロンドン地下鉄のエスカレーターは。誰もが右側で乗客が止まって乗り、左側は歩行して乗っている。

しかし、今や、ロンドン交通局は、乗客に、渋滞を弱めるように、大胆に両面で立つように命じて通勤者周期を起こした。

ホルボーンス駅のラッシュアワー乗客(Rush-hour passengers at Holborn station)は、エスカレーターのうちの1つの底に配置されたメガホンで、それらに両面に立つように命じていることによって、スタッフに迎えられることを発見した。

ステーションマネジャーは、エスカレーターの上を歩かない指示で、人々が、1年ごとに56m乗客を提供するステーションの外への人々の流れをなめらかにする結果になると信じる。

動きは、固定であり続ける必要で、乗客がボトルネックを減らし、限定された通り出口エリアを通してそれらの出発を加速するかどうかをわかるために、地下のネットワークのホルボーンで、最も忙しい交換のうちの1回、3週トライアルの一部である。

地下のシステムを1世紀より多くを要求させ続けた規則を引き裂くことにより、混ぜられた反応は、乗客から生み出された。 1人のオブザーバー 「通勤者は抑制されるようである」とツイートされた。

別のものは実験を「狂気」と評した。

スーパーバイザーが、疑っている乗客の新しい規則を実施することを勇敢に試みた時に、「ロンドン通勤者はそれらの快適さゾーンの外に、より多くであるはずがない。」と、1人の参加者を書いた。

他は、それらの移動スピードを高めるようにデザインされた「魅力的な実験」を歓迎した。

中心的なラインのための操作ディレクターであるピーターマクノート(Peter McNaught, Operations Director for the Central line)は、「ホルボーンステーションは、地下鉄ネットワークで最も忙し胃一つであり、朝と夕方ピークで高い需要を経験する。列を減らし、人々をステーションを通って動かせ続ける3週トライアルの一部として、私達は、全稼動時間の間に『上り』のエスカレーターの両面に立つ励みになっている顧客がある。

「私達は、エスカレーターの底で列を作ることを防止して、これがボードのためにより多くの人々が可能なので、エスカレーターの能力を増大させると信じる。」と、言った。

いくつかが「左のための勝利(victory for the left)」を歓迎した間、実験は、広範囲に及んだアプリケーションを持つことができないようである。ホルボーンは、その長さ切符ホールにつながっているエスカレーターという長さ23.4mであるから選ばれた。結果として、ほとんどの通勤者は急勾配を避ける登りでは、底で渋滞を起こし、エスカレーターの左側が主として足音がなくあり続ける間、右に立つことを選ぶ。立つことを誰もに強制することが歩行者の少数に迷惑をかけるかもしれないけれども、TfL(Transport for London)は、それが、エスカレーターを使って人々の数を約2倍にし、表面を誰もより迅速にすると考えている。スポークスマンは追加した:「需要に付いて行くために、私達は、新しい入口によってステーションをアップグレードする計画、および拡大された切符ホールを持っている。それは能力を2022年までの80%押し上げる。」と言った。

たとえメガホンで告げられても、スーパーバイザに従わなかったこと、および彼らに、歩いて行く健全なオプションを取っている小さい数を除いて、左側によって両面に立つように頼んでいる合図のホルボーン通勤者により、正午まで、無視された。

ロンドンでは、実際、地下鉄ユーザーの約25%がエスカレーターを歩く。グリニッジ大学(University of Greenwich)の近くで、2011年の研究では、パディントン地下鉄駅(Paddington Tube station)の人々の75%が立つと気付いた。左右「規則」は人々の約90%で観察された。

国際的な写真は混ぜられる。上海では、地下鉄エスカレーター歩行者の数値は3%に低下する。左を歩くように人々に勧めた合図は、トロントアンダーグラウンドシステムについての安全エキスパートの推薦で外された。

エスカレーター移動禁止は東京の輸送システムのために考慮されたけれども、決して実施されない。

しかし、駅の環境と時間によって流れやルールが違う!すべてにベストは無いということだろう。

ホルボーンス駅(Holborn station)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
51°31'02.8"N 0°07'12.3"W

パディントン地下鉄駅(Paddington Tube station)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
51°31'00.0"N 0°10'37.0"W

2015-07-26---中国で、エスカレーターの床が落ちて、女性が死亡。
2015-01-09---最近、気になる日本経済新聞電子版のニュース-5「エスカレーターのマナー」
2014-03-24---シカゴの空港列車が脱線し、エスカレータを昇ろうとした。
2013-07-27---エスカレーターのエチケット。して良いこと、悪いこと!
1935-05-15---モスクワの地下鉄が開業した。
1911-10-04---イギリスで最初の公共エスカレーターが導入された。