2015-11-26

互いの子供のために、おっぱいを共有。

健康

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、互いの子供を母乳で育てる2人のコネチカットのママが、他が同じをすることを促進している。

自動車が共有される時代に、おっぱいも共有する。

問題は、HIVなど、病気の伝染、またはアル中。麻薬などによる、母乳への影響だろう。

23歳のステファニ・タタビット(Stefani Tatavitto)は、頻繁に、彼女の友人チュリスタール・クライン(Chrystal Klein)が、ローカルな工場で働く間、年齢19ヶ月の娘の乳母として行動する。

クラインは、その上、若いママがバーで働きたい気がする時にTタタビットの子供を看病して配置から搾乳する。

クラインの娘アリアナ(Ariana)がちょうど10ヶ月の年齢であった時、二人は5年前Facebookの上で会って、共有おっぱいを開始した。

「私は、別の女性の子供を看病することが衝撃的であると思わない。母乳哺育は自然である。」と、タタビットは言った。「あなたは動物から母乳を飲み、それは、別の人から母乳を飲むために不可思議なことではない。」

クラインは承諾し、配置によりプレッシャーが取り去られると言う。

「ステファニは、濡れる看病のため、私は私の娘のためのミルクを汲み上げる必要はなく、彼女が少しのミルクも飲まないことについて悩まない。」と、彼女は言った。

「私は欠点が全然ないと言う。私はこれからポジティブを見るだけである。」

二人が、こぼされたミルクを嘆くことができないことを強く主張する間、彼らは、栄養共生が論争であることに気がつく。

「私の家族と友人は、私達の雨天看病手配について、その多くを知っているわけではない。」と、クラインは言った。

「私がこのごろでは乳母のためにそれが普通ではないと知っているので、何人かの人々がそれを疑うことができる。」

しかし、女性のパートナーは交換のためも驚かず、ママは良心の呵責を全然持っていない。

「私達は同時に妊娠し、私達は感染についてテストされて、私達の両方はクリアであった」と、クラインは言った。

「アリアナが栓からミルクを得て、私がそれを意味しているという事実は、ちょうどどれほど私達がそれを飲むべきであるかである。」と言った。

昔の日本では、当たり前のことであった。

例えば、島原では、多くの娘が女郎になり、働きに出て、現金を稼ぎ、子供ができると村の子として共同で子育てをし、みんなで母乳共有して与えていた。

さらに、処女性を問題にしないように、村の娘は全員、村の鎮守の神主と神事としてセックスをしていた。

処女性や、子供の所有権を解放するという世界が日本にはあった。民族学者で、ジャーナリストであった中山太郎の本には、足で調べた記事として掲載されている。