2015-11-26

ドーピング問題で「完全資格停止処分」をロシア陸連が受け入れた。

スポーツ美容と医学の科学健康麻薬とメディア犯罪と裁判

AFPは2015年11月27日に、IAAFInternational Association of Athletics Federations/国際陸上連盟)は、ドーピング問題が横行している問題で、ARAF(The All-Russia Athletic Federation/ロシア陸上競技連盟)が聴聞会を求めることなく「完全資格停止処分」を受け入れたことを明らかにしたと報告した。

モナコで開かれた理事会で、IAAFがこれまで科した中で最も重い処分が正式に執行されることが決まった。

これまで不正行為について否定してきたARAFは、国際大会復帰への可能性を探り、外部の調査チームと改革に取り組むことを確約した。ロシアの陸上選手は、2016年08月に開催されるリオデジャネイロ五輪の出場が危ぶまれている。

今月、WADA(World Anti-Doping Agency/世界反ドーピング機関)がロシア陸上界において「国ぐるみ」のドーピングがまん延していると告発する報告書を発表したことを受け、IAAFはロシアに対して暫定的な活動禁止処分を科していた。

IAAFはステートメントで2015年11月25日に、ARAFから書簡を受け取ったことを明かし、その中でロシア側が「権利である聴聞会を請求せず、完全資格停止処分を受け入れる。」と記していたと発表した。

「ARAFは、IAAFの調査チームが検証基準を満たしていると判断した場合のみ、理事会がARAFのIAAF復帰を容認することを確認した。ARAFは全面的かつ積極的に、調査チームに協力していくことを約束した」

ARAFのワジム・ゼリチェノク(Vadim Zelichenok)暫定会長は、ロシア陸上競技連盟が上訴した場合、さらに重い処分が科されることを懸念したと述べている。

ロシア通信社Rスポーツ(R-Sport)は、ゼリチェノク暫定会長の発言として、「われわれは、できる限り迅速に一から状況を改善することが望ましいと判断した。」と伝えている。

「われわれは、欠陥の修正に着手することで一致し、すでに行動を開始している。さもなければ、この苦痛を長引かせ、より深刻な事態に陥るのを待つことになる」

IAAFのセバスチャン・コー(Sebastian Coe)会長はドーピング問題の解決を図るために、「孤立化でなく関わり」を求めてると語っていた。

IAAFは検証基準については、ドーピングが判明したロシアの陸上選手とコーチに対する「即時」処分の適用、スポーツに関するドーピングを犯罪とするための法の整備、さらには選手が薬物違反について、当局に「安全に内部告発」できるシステムの確立を含めるとしている。

IAAFはまた、「持続的で、透明性があり、効果的な反ドーピング検査プログラム」を求めている。

その一方でセバスチャン・コー長は、「期限についてはあまり重要ではない、ARAFが資格を取り戻す時期はIAAFが判断する。」とつけ加えた。

WADAの報告書では、RUSADA(Russian Anti-Doping Agency/ロシア国立反ドーピング機関)が「日常的に」検査の国際基準を破り、選手たちのドーピングを許して競技に出場させていたと糾弾していた。

さらに、WADAでは2016年初めにも第2弾の報告書を発表する予定としており、責任者を務めるディック・パウンド(Dick Pound)によれば、「驚くべき内容」になるという。

ディック・パウンドは、イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」に対して、「世間は、どうしてこんなことになっているのかと言うだろう。これは、陸上界で責任を負う人々による紛れもない裏切りだ」と語っている。

2015-08-21---世界選手権。ウサイン・ボルトは、ドーピングでくすんでいた。
2015-08-16---2011年の第13回世界陸上大邱大会では、3分の1がドーピング。
2015-08-11---国際陸連は、ドーピング疑惑で28人に暫定処分。
2015-08-01---国際陸上競技連盟が持っていた選手5000人分の血液検査結果流出。
2014-12-03---ドイツの公共TV、99%が使用のロシアのドーピング事情を暴く。
2013-11-23---ジャマイカ・アンチ・ドーピング委員会委員は薬物検査危機で辞職。
2013-11-16---ウサイン・ボルトは、5回目の年間男性世界アスリートに命名された。
2013-07-15---タイソン・ゲイとアサファ・パウエル、薬物検査で失格!
2012-11-16---北京オリンピックの金メダリスト、「薬に頼った」と告白!
2012-10-26---1999年から2005年までの間、ツール・ド・フランスの勝利無し!
2012-10-17---ナイキは、ランス・アームストロングとの契約を終了!
2012-10-17---ランス・アームストロングは、チャリティーLivestrongチェアーマンを辞任。
2012-10-15---私はランス・アームストロングの「麻薬ランナー」だった!
2012-08-23---ランス・アームストロングは、ドーピングとの戦いを終えた!
2012-07-23---衝撃!麻薬がないと、ツール・ド・フランスが遅くなった!
2012-07-15---ロンドン2012は、歴上最大のアンチ・ドーピング作戦を展開!
2012-07-14---米国の400mランナー薬物検査で陽性!オリンピック出場権を拒否!
2012-07-13---人は100mを9秒以下で走れるか?
2012-07-10---ランス・アームストロングの元医者のうちの3人、生涯禁止!
2012-06-29---7回のツール・ド・フランス勝利者アームストロング、有罪!
2012-06-22---7回のツール・ド・フランス勝利者、米国アンチ・ドーピング機関を非難!
2012-06-14---ツール・ド・フランスで7回優勝したアームストロング、アンチ・ドーピングで起訴!
2011-10-07---世界反ドーピング機関は英国オリンピック協会に調査依頼。
2011-10-06---ラシュワン・メリット、オリンピックのドーピング検査を覆す!
2011-05-10---ギリシャの元オリンピック選手ドーピングテスト偽証罪で有罪!
2010-09-26---イギリスのラグビー・スターのテリー・ニュートンを死体で発見。
2009-12-21---2000年-2009年の10年間に起こった、スポーツの世界史。
2008-10-16---ドイツの公共TV、ドーピング問題で生放送を中止!
2008-07-31---北京オリンピックとドーピング問題。
2008-06-20---ヨーロッパ放送局、ドーピング問題でスポーツ報道を切る!?
2008-01-17---ドイツの公共TVARDがドーピング問題を間違って報道し、謝罪。
2008-01-15---中傷記事で、Le Mondeのジャーナリストに、裁判所が30万ユーロ罰金。
2007-12-13---米国大リーグのドーピング問題は、インターネットが詳しい!
2007-08-01---ドイツはドーピング検査の後しか、TV放送しない!
2007-07-26---スイスの最大日刊紙Tages-Anzeigerのツール・ド・フランス掲載を止めた。
2006-12-07---リアル・マドリードとバルサでドーピング疑惑!