2015-11-25

ロンドン地下鉄で、座席を確保する方法。

ファッション健康観光

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、黄色いラインの『摩損』を捜しなさいと報告してきた。

ロンドン地下鉄は、冬のセットとして、それらに乗り出すために冷気を免れる顧客を年のその最も忙しい時間に上塗りして通勤する。

数値はリリースし、その152歳歴史のどのようなポイントより多い人々が、 2015年10月09日も、近く500万に、およびTFLにおいてチューブを使って、年末の前に再びレコードが破られることを期待している。
それによってロンドン地下鉄を使っていると今月初め気付いた。

群衆を打ち負かし、忙しく働いているサービスにおいて、まれな座席を得ることを望んでいるそれらのために、この秘訣は答えであるかもしれない。

マーティン・ストローマイアー(Martin Strohmeier)は、事前に客車のドア(carriage doors)が開く所で認識のための理論を展開した。従って、あなたは通勤者交通をポストで撃つことができる。

質問への返答において 「いくつかのよいロンドン地下鉄ハックが何であるか?」マーティン・ストローマイアーは、Quoraにおいて、「その黄色いラインの摩損」を捜すことが、どこでドアが開くかを判断するための着実な方法であることを手紙で知らせた。

「時に、狙いを汚く、身に着けられている部分に定めるために、それには鋭敏な目が必要ではない。誰もがふむライン 」と、マーティン・ストローマイアーは言う。

「それが新鮮にペイントしない限り、少なくとも同じタイプの列車を使うプラットフォームにおいて。これは完全に信頼できる。」

サイトに送られた他の秘訣は、ジェームズ・ランカスター(James Lancaster)のアドバイスを、「毎日の通勤者を配置しなさい」に含む。「一般に、経験を積んだチューブ通勤者は、ドアおよび空の車を得るために、自身をどこに置くかを知るであろう。

「それらは、通常、ヘッドホーン、新聞、コーヒーおよび誰も、何によっても。、アイ・コンタクトを全然していないものである。」

ジェームズ・ウールフェンデン(James Woolfenden)は、「 それがあなたのステーションに本当に忙しく、あなたが座席を本当に望んでいる。そして、あなたはチューブに行く方法と、他の方法でワン・ストップのチューブを取り、後ろにそれをつかみなさい。非常に混んでいるステーションの作品不思議なegカナリーウォーフ(eg Canary Wharf)」と書く。

これで判るように、日本のように編成車輌によって扉の一を寸分違わないように車輌を止めるテクニックは、天才的である。

しかし、その天才も大阪のおばちゃんには勝てない。
座席で、5cmの空きが見つかると、大きな尻を割り込ませてくる!

そう言えば、ロンドンから郊外に電車で行こうとすると、ときどきもの凄く古い車輌にで合う。

日本なら、とうぜん廃車と言う恐ろしい列車である。
ロンドンの人は、古いものを大切にすると言うが、度を超している。

ロンドンは、ジェントルマンの都と言うが、シルバー・シートも無い。
エチケットも無い。