2015-11-26

学生が、ポルノを見て、感想を言うYouTube、約200,000のビュアーを達成!

性とメディア

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、ブリストル大学学生(University of Bristol students)がポルノを見ることで、どのような反応をするかを調査したビデオがYouTubeの約1週間で、約200,000のビュアーを記録したと報告した。

これは、どのようなポルノを見ていたかと言って、ポルノを紹介すると、かなり汚い映像になるので、その部分は削除され、ポルノを見ていた人の反応だけを紹介している。
だから、決して学術的ではない。

いや、でも学術的である。
男性の学生が、高揚するのが見える。

しかし、ポルノを見るためにあなたが1束の学生を座らせる時に、あなたは何を得るか?
それは全体のたくさんのぎこちなさである。

ブリストル大学からの学生は、どのように、両方のジェンダーが、ポルノを見ることに反応するかを決定するために、実験に加わった。

大学のテレビステーションにより生産されて、UBTV、おとなのサイトに目を通す間学生の反応を示している6分ビデオは、ショックを与えるのと嫌悪であるために、制御不可能なくすくす笑いと忍び笑いから及んでいる感情を捕らえてYouTubeについての見方を達成している。

UBTVの制作ディレクターで、大学3年生の学生ジェンマ・ウィルソン(Gemma Wilson, production director at UBTV and third-year student at the university)が、それ女性のもので、どのようにそれがより心地悪かった男性の学生であったかを記述した。

ブリストルポスト(Bristol Post)によると、ウィルソン女史は、UBTVが、タックルし、全学生に影響する正しい問題ではなかったとすると言ったけれども、誰もに影響する現在の問題であった。彼女は、「私達は、ポルノが、するのに良いものであると思った。なぜなら、両方の男性と女性は、それについての意見を持っているからである。」と追加した。

両方の性において分割について話すことによって、ウィルソン女史は、どのように決して前にポルノを見なかった女の子「とてもおかしく、リラックスさせるものであった。」と説明した。

しかし、比較において、彼女は、2人の男性の参加者が非常に無器用で、全然はっきり話さないと言った。
「それらのボディーランゲージは非常に心地悪い。」と、彼女は追加した。

また、クリップに出現する1人の学生アンバー・ロバーツ(Amber Roberts)が、ブリストルポストと話し、当惑するようにそれではないにもかかわらず、どのように彼女がそれを「不可思議な1ビット。」と気付くかを記述した。

実験を考えることによって、アンバー・ロバーツは、それがポジティブな経験であると言った.「あなたがそれを公的な文脈に持って行く時、それは明らかにする。人々はまったくショックをうける。それはファンタジーを取り除く。」

ウィルソン女史は、まだコメントのための「インディペンデント」の要求に反応する必要がある。

そう言えば、
大学の教職課程で、女子高校に行き、『男と女』というテーマで絵を描くように言ったら、男女の関係を経験している人と、そうでない人では、まったく絵の傾向が違ったのに驚いた。