2015-11-25

ルヒ・ラーマンは、「Geordie angels」に感謝。

犯罪と裁判

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、ニューカッスル(Newcastle)の地下鉄で人種的に乱用されたイスラム教の女性は、彼女および彼女の姉妹を防御した「Geordie angels(Tyne川流域の天使)」に感謝した。

23歳のルヒ・ラーマン(Ruhi Rahman)は、ニューカッスルから、男が彼女らに近づき、それらに怒鳴りはじめた時に約10分間、彼女がの姉妹と列車に旅行していたと伝えていた。

Facebookの出来事を説明することによれば、彼女は、男が人種差別主義者のような脅迫コメントが出始めたと言った。これは、 現在のこの座席の外の獲得で、私の国である。あなたの爆撃種々の国(bombing different countries)[原文ママ]とここ、この国にあることに値していない。」

彼女は、新聞「クロニクル・ライブ(Chronicle Live)」に、どのような他の状況においても、彼女が自身で反応したであろうと言った。しかし、彼女に、同乗者が介入した。そのおかげで、彼女が彼らにほっておくことを要求する必要はなかった。

「彼のコメントに反応するチャンスのために、私がそばの女性にた助を求める前にさえ、私をサポートし、助けた。」と彼女は書いた。

「しばらくして、地下鉄の人々のほとんどが来て、私達のために話して、そして、そう協力的であった。」

男は、伝えられるところでは、他の乗客に、彼らが、「この列車を爆撃」で、2人の女性が望むかどうかを尋ねた。

「クロニクル・ライブ」によると、男のグループは、犯罪者に、列車が次の駅で降ろすように命じて、彼がそれをした時には、列車の乗客全体が拍手した。

ラーマンは、「暴力が全然なかった。また、彼が去る必要があることをクリアにしただけである。私はそのようなことをこれまで一度も見たことがない。

私は、Geordieの人であることをより誇っていると一度も感じたことがなかった。誰もが、私達を助けるために一緒に来て、私がそれらすべてに十分感謝することができないことが美しかった。」と、言った。

イベントは、ブリティッシュ・ガス労働者オマール・ハイダー・バーティ(British Gas worker Omar Haider Bhatti0により共有されたFacebookの別の乗客の観点から物語られた。

未知のオリジナルの作者は話した。どのように 「ママから学生まで、誰もが、この子供んl少女を一人であるままにしておくように命じていた。」 およびどれほど彼らがGeordieの人々を誇った。

DB Regio Tyne and Wear州を結び、シャロン・ケリーのメクサス(Nexus, Sharon Kelly)ために地下鉄を運転することについて、常務取締役は、「私達は、この出来事についての情報によって、警察に連絡することを誰にでも勧める。」

「私達の乗客の安全は最高である。私は地下鉄でこの自然の出来事がまれであることを顧客に保証できて、それらは許容されない。」

「この問題への警察調査は現在進行中で、それらを追跡することを手伝うために、私達は、責任がある。それらのために働く。」と言った。

ニューカッスル(Newcastle)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
54°58'06.0"N 1°37'00.9"W