2015-11-26

イタリアは、ISと戦うために、€10億を文化に使おうとしている。

戦争と平和

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、パリ攻撃でイタリアの首相マテオレンツィ(Matteo Renzi)に呼応して、イタリアが€10億を(£7億)を文化とセキュリティにそれぞれ使うことを発表した。

レンツィは、昨日、文化のための半分特別なお金が大都市の腐敗郊外に行くと言った。
そして、すべての18歳イタリア人は、「文化カード」を、劇場、美術館、および考古学のサイトで費やすように、€500に値させる。

レポーターと話すと、レンツィは
彼らはテロを望み、私達は無知より強い文化によって応じる。私達は決して私達の生活様式、私達のアイデンティティを変更せず、それらの前に降服する。

イタリアの方法は、ユーロを、セキュリティに使われたすべてのユーロのための文化に使うことであると言った。

イタリアの外務大臣パオロ・ゲンティローニ(Gentiloni)は、火曜日に、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」に対する空襲での参加が「オプションではない」であると言った。

なにしろ、イタリアのシシリーは、チュニジアへの船旅の咲いた出発点であり、また膨大な難民を故郷に返すには、内紛の国内価格の安定が不可欠である。