2015-11-25

ロシアは、地中海に軍艦を送った!

戦争と平和

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、ロシアは、トルコの近くで火曜日にロシアのジェット戦闘機が、トルコに撃墜された後に、ロシアは、特別にその武力に航空セキュリティを提供し、『どのような目標でも』破壊するために、地中海に軍艦を送った。
送られたのミサイル巡洋艦モスクワ(missile cruiser Moskva)は、ロシアの黒海艦隊(Black Sea Fleet)de最も大きい軍艦2隻のうちの1隻である。

誘導された軍艦「モスクワ」は、、ラタキア(Latakia)から離れて置かれる。それは、領域でロシアのベースを強化することを意図している。

ロシア将軍スタッフとの政府高官セルゲイ・ルドスコイ(Sergey Rudskoy, a senior official with the Russian General Staff)が、トルコの軍隊との通信が切られた言ったと 、IB Timesが報告した。

彼はいくつかの手段も概説し、「ロシアの空軍基地のセキュリティを保証するために」Su-24M爆撃航空機を置くことに呼応して、含まれるた。

爆撃航空機のすべての行動は戦闘機のカバーの下だけで実行される。
手段は、防御を強化するために取られる。
「この目的のために、フォート防空網システムの装備、S-300と同様な巡洋艦モスクワは、ラタキアの海岸の近くでポジションを仮定する。私達のための潜在的な危険を表し、私達は警告したどのような目標でも 、破壊される。」と、セルゲイ・ルドスコイは言った。
軍隊のトルコ国境線でのコンタクトは「やめられる」。
ロシアの大統領ウラジーミル・プーチン(Russian president Vladimir Putinは、すでに、「テロリストの共犯者」、および「後ろの刺し傷」という軍隊の操作であることのトルコを告発して「重大な結果」と警告していた。

それは、冷戦、および2つの国家の間の関係が厳しく損われるかもしれなくて、以来ロシアの航空機の下でNatoメンバーが撃ちはじめていると考えられる。

しかし、今回のプーチン大統領のうろたえかたは異常であった。
プーチン大統領が戦争が上手く、頭も良いと考えてきたが、意外にも兵隊が殺されることで、極端に恐怖を感じるようである。

攻めているときは、威張るが、攻撃されると脆い?
意外と、オバマと同様に小心者かもしれない。

ロシアは、トルコへの休日、およびトルコの要求でその北大西洋条約機構理事会(North Atlantic Council)との緊急事態会と考えられるNatoに行かないようにアドバイスされた。

トルコの役員は、17秒間に、5分の21の警告メッセージを軍用機がその領空に違反したことを強く主張した。そして、無視されたと言った。

しかし、ロシアは、ジェット機が国境を横切り、それがターゲットとされた時に、北のラタキア武装勢力 「たいてい、ロシアに端を発しなさい」 の山のシリアの領域位置のIS目標においてそれが巡航していtaと伝えていたことを否定した。

プーチンさんは,「ともかく、私達のパイロットはトルコの恐れがどのような点でもなかった。」と言った。

彼は、現在すべてのロシアの任務がジェット戦闘機により付随されているとも警告した。

その間、フランスへのロシアの大使は、トルコにより撃ち落とされた2人のロシアのパイロットのうちの1人が、シリアの軍隊により救出されたと言った。

パイロットのセルゲイ・ルミャーンツェフ(Sergei Rumyantsev)と、アレクサンドル・アクゥマドゥリン(Aleksandr Akhmadulin)は、それがシリアに砕ける前に軍用機から脱出した後に死んだと以前に恐れられた。

トルコの反乱軍は、パラシュートで降下してきたので、それらを撃ったと主張した。それらが、地上でルミャーンツェフの遺体を示すようであったビデオ映像が、メトロ(Metro)のレポートで報告された。

2015-11-25---撃墜されたロシア軍機パイロット、シリアで救助!
2015-11-24---トルコ、領空侵犯したロシアのジェットを撃墜!
2015-11-24---シリアで、ジェット機墜落救助ヘリが、米国の支援反乱グループのミサイルが当たった?

Related Dates